無言館

所在地 〒386-1213 上田市古安曽3462(地図
アクセス(車) 上信越道上田菅平ICから別所温泉方面に行き、別所温泉入口左折後、前山寺入口の看板を右折。ICから約30分
アクセス(公共交通) 上田電鉄別所線塩田町駅から「信州の鎌倉シャトルバス」(4〜11月のみ)7分
開館時間 9時〜17時
休館日 火曜(祝日の場合は翌日)
入場料 1000円(高大学生800円・小中学生100円)※かつては、無言館は、500〜1000円の随意制という方法でしたが変更されました。
Tel. 0268-37-1650
Web http://www.city.ueda.nagano.jp/kankojoho/shisetsu/museum/007.html

こだわり情報

「無言館」は、「信州の鎌倉」と呼ばれ、別所温泉のある塩田平にあります。どちらも、作家故水上勉みずかみつとむさんの息子である窪島誠一郎くぼしませいいちろうさんが私財を投じて運営されている、世界的にもユニークな美術館です。

無言館は、戦没画学生たちの遺作となった絵画・作品・絵の道具・手紙などを専門に収蔵展示しています。芸術の才能を花開かせる前に戦場で散った画学生の作品は、涙なしには見られず、観覧中にあちこちですすり泣く声が聞こえることもあります。
窪島さんの「戦没画学生達は反戦のために絵を描いていたわけではない」という考えで、反戦のメッセージを前面に出さず、作品を淡々と展示していることでより深い感銘を受けます。

2009年からは、全国から寄せられる戦没画学生の絵画をより多く展示するため、ドーム型の第二展示館もオープンしています。2014年から海外の戦没画学生の作品も収集展示しています。

無言館と別の場所に「信濃デッサン館」があり、立原道造・関根正二など若くして病死した画家のデッサンを中心に展示していましたが、2018年3月15日に閉館し、窪島さんは無言館の運営に専念されることになりました。特に、農民美術運動を指導した洋画家山本鼎のいとこの村山槐多の作品が、別館「槐多庵」に展示されていたのも閉館し、惜しまれます。

窪島 誠一郎さんと水上勉さんは


窪島 誠一郎さん

窪島 誠一郎さんは、1941年に東京で生まれ、戦争の混乱期に父の水上勉と別離し、スナックや画廊を含むいろいろな仕事をしてから、1979年に長野県に信濃デッサン館を設立されました。お父さんとの再会や確執、信濃デッサン館と無言館を題材にたくさんの本も執筆されています。

お父さんの水上勉さんは、1919年に福井県で生まれ、極度の貧困や戦争を体験した後、直木賞を受賞して社会派の作家となり、「飢餓海峡」「五番町夕霧楼」などの著名な作品を発表しました。長野県の軽井沢・現在の東御市に拠点を移し、2004年にそこで亡くなりました。

無言館と周辺で開かれるイベント

  • 無言館:毎年8/14〜16に、入口に、戦没画学生の名を刻んだ絵筆を供えて供養する「千本の絵筆供養台」が設置されます。
  • 別所温泉では、7月に岳の幟が開かれます。

近くの宿

宿を検索中...
次の美術館・博物館へ→
東信のトップへ