信州とっておき情報 - 信州(長野県)の観光情報を地元から


今の気温は WeatherEye

信州(長野県)の地元ならではの口コミ観光情報をボランティアで発信しているサイトです。信州への旅行やお出かけのプラン作りなどに観光ガイド役としてお役立て下さい。

温泉 (日帰り施設。掛け流し情報掲載)

季節のイベント・花の見頃
(紅葉キャンプ場花火乗馬イルミネーションスケート場 スポットリスト)

ハイキング・トレッキング・登山コース

美術館・博物館  音楽スポット・ホール

農と食のスポット スキー場リスト

リンク集グルメ宿交通市町村一覧他)

運営方針と特徴・リンクについて


今年はまだ冠雪しない北アルプスとアルプス公園の紅葉(11/17 松本 美ヶ原温泉付近)

信州の旬のトピック

今年の紅葉は長い期間楽しめてます(11/4)


御射鹿池の紅葉

10月から天候が安定し、今年は急に寒くなることもなくいい季節が続いている信州です。たくさんある長野県内の紅葉の名所は、標高1000mクラスの高原・里山・渓谷で、例年より遅めに見頃となった後、長い期間紅葉を楽しめています。今年の紅葉は場所によりますが例年より美しい場所もあるようです。

上高地乗鞍高原米子大瀑布湯の丸高原木曽赤沢自然休養林・大峰高原の大カエデなど高地ではカラマツ以外の樹は散り始めていますが、標高が低い松川渓谷黒姫高原鹿教湯温泉別所温泉角間渓谷や、大人気の奥蓼科御射鹿池と横谷渓谷木曽阿寺渓谷(阿寺ブルー)などでまだ見頃です。
市街地の小諸懐古園高遠城址公園や上田城の桜並木・安曇野の廃線敷ウォーキングコースのケヤキなどは、11月中旬まで紅葉が楽しめそうです。

今年は一転豊作? 長野県が生産量全国一の松茸と各種キノコ(9/24)


中秋の名月も過ぎ、紅葉の知らせが山から届く時期になりました。
写真のような松茸を今年は早々と木曽の知り合いから頂きました。直売所や八百屋でも今年はよく見かけます。
信州が生産量全国一の松茸ですが、去年は小雨のため記録的な不作で、例年の1〜2割しか採れず、生産量も2位に落ちました。今年は今のところ順調に収穫できているようです。信州の地元産の松茸のみを使った松茸料理を味わえる場所を堀越まつたけ観光・信州の松茸料理スポットのページに記載しています。
松茸以外のキノコも、長野県が全国一の生産量の養殖のブナシメジやエノキタケなどから、山で採れる天然の珍しいキノコまで、いろいろな種類をこの時期に見かけます。

W連休は、赤そば・コスモス・ブドウ・りんごがお待ちしてます(9/3)


赤そばの里

猛暑がようやく終わり、信州らしい過ごしやすいさわやかな気候の9月を迎えています。今年は9/15〜17・22〜24が2週続けて3連休。暑い夏に出かけるのを控えていた方々も旅に来られることと思います。
そんな時期にちょうど見頃を迎えるのが蕎麦の花とコスモス。蕎麦は、信州のあちこちで白い花畑が見られますが、花がピンク色の品種の「赤蕎麦」はご覧になったことがありますか? 南信州箕輪町の赤そばの里などで見られます。
コスモスは、黒姫高原コスモス園佐久高原コスモス街道が有名です。

秋のこの時期はイベントも多く、小諸 城下町フェスタ(ギャラリー巡り)松本城月見の宴諏訪湖一周ウォーク蓼科高原映画祭松本 りんご音楽祭美ヶ原温泉 道祖神まつりスカイフェスティバルin松本などが行われます。

また、収穫の秋で、ブドウ・新りんご松茸などのキノコが直売所や八百屋に並びます♪

大相撲の御嶽海の出身地、木曽の御嶽山は「夏〜でも寒〜い?」(7/26)

信州は今、長野県出身の力士として雷電以来200年ぶりの御嶽海みたけうみの優勝で沸き返ってます。
その地元の木曽は、民謡の木曽節で「夏〜でも寒〜い」と唄われる御嶽山おんたけさんの麓で、阿寺渓谷水木沢天然林などの渓流、赤沢自然休養林や開田高原などの高地は涼しいです。阿寺渓谷は、エメラルドグリーンの水で年々人気が出て、今年から交通規制も行われています。

猛暑の今年は、長野県でも平地の昼間は暑いものの、最高気温は35℃ぐらいまでで朝晩は涼しく、上高地や軽井沢など標高の高い避暑地が賑わっています。
槍ヶ岳などの標高3,000mレベルの登山スポットなら、最高気温は20℃以下!
長くなりそうな今年の夏、信州へ涼みにお越しください。

果物・野菜王国の長野県の野菜達に、梅雨時は大事な時期♪(6/25)


市民農園での一コマ

信州も今は梅雨ですが、晴れる日も多く、朝晩は涼しくて過ごしやすいです。
梅雨時は適当に降ったり晴れたりするので、4〜5月に植えられた果物や野菜達の成長に大事な時期。今年は春先に果物や野菜にダメージを与える遅霜がほとんどなかったので、果物王国・野菜王国信州の美味しい果物や野菜が期待できます。

桃・スイカトウモロコシ・トマト等の収穫時期はこれからですが、今はブルーベリーのシーズン♪長野県はブルーベリーの生産量が全国一で、県内各地のブルーベリー農園で摘み取り体験や「食べ放題」もできちゃいます。

他にも、日本一のレタス産地の川上村など八ヶ岳山麓の高原野菜、甘い玉ねぎなど、直売所や八百屋で野菜達が皆様のお越しをお待ちしています。

5月は雪の回廊と雪形が楽しめる季節♪今年の残雪はちょっぴり少なめ(5/7)


昨年5/13の「雪の大谷」

夏の暑さだった4月から一転して気温が下がり、5/4に北部や山岳では珍しい「5月の雪」が降った信州です。

登山をやる人は気になる今年の残雪の量ですが、この時期に雪の中から山小屋を掘り出す「小屋開け」の情報では、例年より若干少なめのようです。

立山黒部アルペンルートの雪の大谷の高さも、例年の16mに対して今年は15mとなっています。雪が多かった昨年は19mでした。今年は25周年記念として、「雪の巨大迷路」や「雪の滑り台」もあります。
より手軽に雪の壁が体験できる乗鞍高原の春山バスも始まりました。

山の残雪が見せてくれる信州の風物詩「雪形」が見られるのもこれから。大町では、北アルプス雪形まつりと雪形ウォッチングが行われます。

高遠城址・松本城・上田城址の3つのお城で開花。信州の桜はこれから!(4/2)


飯田市美術博物館にある樹齢350年の
安富桜(飯田市提供)

今年の桜は東京等では早々と見頃を過ぎたようですね。信州も記録的な早さで、お城が桜の名所になっている高遠城址公園松本城・上田城址がいずれも昨日4/1に開花しました。信州の桜はこれからスタートで、標高の高い所では連休頃まで見られるので、「今年の桜は早すぎて見逃した!」という方は長野県にお越しください。

南部の飯田は3/27に開花してすでに見頃、千曲のアンズは3/29も開花しました。
春が急に来た今年は、水仙・木蓮等と同時に咲き、冬季五輪で信州に金メダルを持って凱旋した小平主将が掲げた「百花繚乱」状態になっています♪

草間彌生特別展が出身の松本でSTART!撮影可能や体感型の作品も有り(3/12)


草間彌生展の撮影可能な展示物の一部

まだ寒い日が多い中、福寿草わさび農場のワサビの花が咲き出した信州です。

そんな中、世界的な人気のアーチスト草間彌生さんの出身地、松本市美術館で、過去最大規模の単独特別展が始まりました。7/22まで開催されます。
ミラールームで草間ワールドを体感できたり、右の画像のように草間さんと並んだ写真など、撮影可能なコーナーもあります。初日から数千人が来場されましたが、これから観光シーズンに入るので、国内外から多くのファンがいらっしゃるでしょうね。

安曇野のいわさきちひろ美術館では、「あそぶ/Life展/いわさきちひろ生誕100年」として、子供も大人も「見て、触れて、あそんで」ちひろの世界を体感・体験できるコーナーもあります。

他にも、日本で2番目に数の多い信州各地の美術館・博物館は、最近体験型の展示にも力を入れています。

御神渡り以外にも楽しめます!冬の湖や池の白鳥・スケート・ワカサギ(2/18)


安曇野の白鳥

諏訪湖で2/1に御神渡り現象が5年ぶりに起き、諏訪湖は御神渡り見物の観光客で賑わっています。御神渡りは通常1週間ほどで氷が減って見られなくなるのが、今年は寒い日が続いて氷の高さがむしろ高くなり、まだ見られます。

諏訪湖には白鳥も飛来し、御神渡りの上を飛ぶのを見られます。白鳥は安曇野の「白鳥湖」に例年たくさん飛来しますが、今年は北陸地方が大雪で餌が食べられなくなったため2月になっても増え、今は800羽ほどいます。

平昌五輪で活躍する小平奈緒さんも諏訪地方出身。スケート場の多い信州は、かつては湖や池が冬に天然のスケート場になり、今も軽井沢星野リゾート野鳥の森の「ケラ池」は屋外天然リンクです。

結氷した松原湖のワカサギ穴釣りも厳冬の今年は早めの12/23に解禁し、長期間楽しめそうです。

今年は起きるか!? 結氷した諏訪湖の「御神渡り」(1/29)


2006年に起きた御神渡り
(諏訪市博物館提供)

「数年に一度の寒波」で、一日中氷点下、最低気温−10℃の寒〜い日もある信州です。

諏訪湖は全面結氷し、温暖化でこの5年間起きていない御神渡り現象が見られるか、注目されています。御神渡りは、湖岸から湖岸まで湖面の氷が山脈のように盛り上がる現象で、諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとへと渡る恋の道、というロマンチックな言い伝えがあります。

諏訪湖畔では毎年恒例のアイスキャンドルのイベントも2/3に行われます。

やはり結氷した湖上でできる信州ならではのわかさぎの穴釣りと、氷結した滝が見られる木曽の白川氷柱群などの「氷瀑」も、今年は長い期間楽しめそうです。


平昌へあとひと月。長野五輪スピードスケート会場で地元の選手達が躍動(1/3)


エムウェーブ

明けましておめでとうございます。
今年は韓国平昌で冬季オリンピックが開かれる年。昨年末、20年前の五輪スピードスケート会場だった長野市のエムウェーブで代表選考会が行われ、松本市の相澤病院の世界記録保持者小平奈緒さんなど、メダル有力候補達が世界トップの滑りを見せました。

エムウェーブは、大会開催日などを除いて一般の人が滑走できます。月に一度無料開放日もある他、観客席から見学するだけなら常時無料で、美しいリンクと木製の屋根は一見の価値があります。五輪メダルなどが見られる「長野オリンピックミュージアム」も無料で入れますよ。

スケートリンクは信州各地にあり、数は減りましたが、今も池や学校の校庭などを使った天然のリンクもあります。

スキー場は早めにOPEN♪スノーキャット・スノーモービルもいかが?(12/8)


明日12/9オープンの白馬岩岳スノーフィールド
(12/3 写真:白馬岩岳観光協会)

昨日の朝は松本で−4.8℃、軽井沢では−7.2℃の寒さで早くも信州らしい冬を迎えています。

スキー場では順調に天然雪が積もり、雪不足だった昨年とは一転して、早めにオープンするところが増えています。
近年は、スキーやスノーボードをやらない海外や国内の観光客向けに、菅平・野沢温泉・北志賀竜王などで「スノーキャット」と呼ばれる雪上車、白馬・黒姫・斑尾などでスノーモービル雪上走行の体験ができる所が増えています。

また、寒さが厳しい信州の冬の夜には、イルミネーションがよく合います。人気のホワイトクリスマスin軽井沢のイルミネーションなど信州各地で美しいきらめきが見られます。


紅葉のシーズンは☆を見るのにも最適(11/10)


写真提供 竜王マウンテンパーク

アルプスが冠雪し、紅葉も終盤に差し掛かろうとしています。長野県内の紅葉の名所では、上田城跡・鹿教湯温泉・小諸懐古園・木曽阿寺渓谷 ・松本あがたの森公園など標高の低い所が今見頃で、天竜川渓谷など南部の紅葉スポットの一部は11月中旬まで見られそうです。

また、空気が澄み、寒くなる前のこの時期は、1年中で一番スターウォッチングに適しています。昨夜は自宅の前で空を見上げると、オリオン座の周りに、おおいぬ座・おうし座とプレヤデス星団(すばる)・ぎょしゃ座などが、見事な半月と共によく見えました。
信州ならではの満点の星空や天の川が見られる場所は、このページで紹介しています。昼神温泉で大人気の「日本一の星空ナイトツアー」は冬も12/9〜3/31に山麓で行われます。他の場所でも、市街地でなければ、夜、宿の外に出ると晴れた空は都会では見られない星空が見られます。

松茸は不作・・ですが、各種リンゴ・キノコ・新ソバがお待ちしてます(10/18)


蕎麦打ちの最終工程

急に寒くなり、そろそろ長野県内の紅葉も里に下りようとしています。

秋は美味しい信州の食材の収穫の季節ですが、今年は国内で70%のシェアを誇る長野県の松茸が大凶作。例年の10分の1以下で、夏の天候の不順が原因のようです。

でも、いろいろな種類のリンゴキノコ直売所に並んでいて、食べ比べするのが楽しい日々です。

新蕎麦も出回る時期になり、10/31〜の戸隠など、各地で新ソバ祭りが開かれます。

紅葉が遅れ気味にSTART(9/19)


例年の奥蓼科御射鹿池の紅葉(10月末)

連休に日本を縦断した台風が去り、ようやく秋晴れとなりました。
日によって上着が必要な気温となり、紅葉が、標高の高い駒ヶ岳千畳敷カール・立山黒部アルペンルートの上部、栂池自然園等で、例年より遅れ気味に始まりました。
この後、涸沢乗鞍岳白馬八方尾根湯の丸高原等で始まると思われます。 北から南まで縦に長く、標高差も大きい長野県では、紅葉の見頃は、1ヶ月半ぐらいに渡って、北から南、山から里に移っていきます。長野県内の紅葉の名所一覧をご覧ください。

花は、黒姫高原佐久高原のコスモスや 伊那高原赤そば等ソバの花がそろそろ見頃です。
なお、9/23〜24に恒例のりんご音楽祭が行われる松本では、市街地に巨大なイオンモールが16日にプレオープンし、周辺の道路がかなり渋滞しているのでご注意ください。

実りの秋のスタートを彩る♪刈り入れ前の稲と信州ソバの花達(9/3)


稲穂とソバの花

一気に秋めいて、朝晩は上着がいるほどの気温になってきました。長野県内の紅葉は例年9月下旬〜11月中旬ですが、去年のように早めに始まるでしょうか?

収穫の秋が始まり、農産物直売所や八百屋では、長野県が誇るブドウ・桃・梨・リンゴ・プラム、そしてキノコが所狭しと並び出しています。田畑に目をやると、刈り入れ前の美しく黄金色に色づく稲と、ソバの花の白が綺麗なアンサンブルを見せてくれています。
このソバの花たちは、10〜11月に収穫されて新ソバになるわけですが、その前後に、戸隠松本等では、ソバ祭りや新ソバ祭りが開かれます。
ソバには、花が赤い高嶺ルビーという種類もあり、産地の伊那高原などで赤ソバ花祭りも行われます。

長野県=アウトドア天国。登山・ハイキング・MTB・サイクリング・カヌー・SUP・パラグライダー・キャンプ・・・(8/15)


白馬でのキャニオニング(写真提供:
エヴァーグリーン・アウトドアーセンター

いろんな楽しみ方がある信州の夏ですが、中でもアウトドアの体験は思い出に残ります。豊かな自然の中で、登山やハイキングはもちろん、最近では自転車で旅する方もよく見かけます。自転車は、MTBでも、ママチャリのレンタサイクルでの観光スポット巡りでも楽しめます。

湖や川では、カヌー・ラフティング・最近人気のSUPやキャニオニング、昔から手軽に楽しめる天竜川下りなどなど。空に目を向けると、熱気球体験・パラグライダー・遊覧飛行で大空の散歩も。最近はジップラインでも鳥の気分を味わえますね。
キャンプ場も長野県にはたくさんあります。夏も涼しい信州の高原の水辺にお越し下さい。

「ろくもん」「天空に一番近い列車」など観光列車が信州でも人気♪(7/9)


浅間山と「ろくもん」
(写真はブログ一鉄草魂さんのご提供です)

全国で人気の観光列車やイベント列車。信州では、長野〜上田〜軽井沢間を走る第三セクターの「しなの鉄道」が運行する「ろくもん」が人気を呼んでいます。
真田幸村の「六文銭」にちなんだネーミングで、ヴィラデスト等の地ワインやアトリエ・ド・フロマージュのチーズ等を使った食事、子供が遊べるスペースなどで、全国の観光列車の中でななつ星に次ぐ高い評価を得ています。

7月にスタートして9月まで続くJRの信州DCキャンペーンでは、JR小海線に観光列車「天空に一番近い列車 HIGH RAIL 1375」がデビュー。こちらはJR最高地点の標高からの命名で、デザインは野辺山の国立天文台にちなんだ星空です。
その他にもイベント列車・観光列車がたくさん企画されています。


バックナンバー(過去の「信州の旬のトピック」)

更新情報

重要な変更や各コーナーの最新の変更のみ記載しています。
2018.09.18 季節のイベント小諸城下町フェスタ信州岩波講座を追加しました。
2018.03.04 季節のイベント・花の見頃に、2018年度の日程を掲載しました。
2017.05.15 農と食のスポット花紋大雪渓(酒蔵直売施設)人気のある信州の地酒の酒蔵のリストを追加しました。
2017.05.08 ハイキングに、阿寺渓谷を追加しました。
2016.12.02 温泉コーナーで、穂高温泉郷の温泉施設が新しくなったことに対応しました。
2016.08.01 スマホで表示したときの文字サイズを大きくしました。またスマホでのメニューの表示方法を変更しました。右上の3本線のボタンをクリックすると、メニューが表示されます。
2016.05.31 音楽スポット・ホールの長野市民会館のページを長野市芸術館に変更しました。
2016.01.07 美術館康花美術館を追加しました。
2015.09.25 農と食のスポットもろこし街道長門牧場きたやつハム工場美術館ナウマンゾウ博物館など、花の見頃佐久のコスモス街道等温泉黒姫温泉を追加しました。
2014.11 温泉についても、全ページで、消費税アップに伴う料金の変更を反映し、営業時間・定休日・公式サイトへのリンクも見直しました。
2014.07 4月の消費税アップに伴い、美術館・博物館農と食のスポットの全ページで、料金と、開館時間・休館日・公式サイトへのリンクも見直しました。
2014.05 各ページで、近くの宿に加えてレストランなどを検索できるようにしました。『ぐるなび』のAPIサービスを使っています。
また、facebookの「いいね!」ボタンを「シェア」ボタンに変更しました。お気に入りのページをどんどん「シェア」してください!
2013.12 美術館・博物館に今年オープンした満蒙開拓平和記念館を追加しました。
2013.11 各ページの「地図」のリンクが地図サイトの仕様変更で見られなかったのを修正しました。iPhoneやiPadでは地図アプリが起動するようにし、Android系スマホでもGoogle Mapを表示しアプリも選択できるようにしました。
同時に、近くの宿のご紹介を下部に追加しました。リンク先のじゃらんのサイトで宿泊予約もできます。
2013.08 リンク集 - 交通機関の「格安高速バス」の情報を更新しました。
2012.10 豊科ICが「安曇野IC」に改名されたため、「豊科IC」と記載していた箇所をすべて直しました。
2012.06 スマートフォンでの表示を改善しました。トップページ上部に、スタッフのブログの最新記事を表示するようにしました。
農と食のスポットに、産直市場グリーンファームなど、南信の3つのスポットを追加しました。
2012.03 各ページにコメントを付けられるようにしました。Facebookユーザーの方は、皆さん自身の口コミ・「こだわり情報」・ご質問を書き込んで下さい。「いいね」ボタンとツイッターのリツイートボタンも付けています。
2012.01 当サイトからのリンクをすべてチェックし、リンク切れを修正しました。また、ハイキング・ウォーキング・登山槍ヶ岳を追加し、温泉に新しい施設を2つ追加、スキー場リストを最新の情報に更新しました。
2010.06 リンク集 - 県・市町村公式サイトに・「信州うえだ 観光ナビ」を、リンク集 - 宿の紹介と宿泊予約に、「信州公共の宿」を追加しました。
2010.05 リンク集 - 交通機関に格安高速バスと、飛行機に6/1から松本空港に就航するFDAを追加しました。
2010.04 3/31の松本市と波田町の合併に対応し、リンク集 - 県・市町村公式サイトの中信や各コーナーの地図・住所を更新しました。
2010.02 1/1の長野市・信州新町・中条村の合併に対応し、リンク集 - 県・市町村公式サイトの北信や各コーナーの地図・住所を更新しました。
2009.04 清内路村と阿智村の合併により、各コーナーの南信の地図や住所を更新しました。
2007.09 訪問者数が累計100万人を越えました(ページビュー数は300万以上)!
2007.04 スタッフのBlog「信州とっておきブログ」を始めました。
2007.01 美術館・博物館のコーナーを新たに公開しました。
2006.12 季節のイベント・花の見頃「カレンダーで選ぶ」を追加しました。リンク集に、Iターン・田舎暮らし・就農を追加しました。
2006.09 農と食のスポットのコーナーを新たに公開しました。リンク集の市町村一覧のページに、全市町村の位置がわかる地図を追加しました。北信エリアの温泉南信エリアの音楽スポットを新規に公開しました。リンク集特産品モールを追加しました。当サイトが信濃毎日新聞社のコンテスト「信毎ホームページ大賞2006」にノミネートされました。
2006.08 リンク集に、天気と気温宿の紹介と予約グルメ・蕎麦を追加しました。ハイキング・トレッキングコースの全ページにコースマップを掲載しました。
2005.10 RDFリーダーソフトを使うと最新情報がわかる「RSS配信(RDF)」に対応しました。
2005.09 ハイキング・トレッキングコースに、「種類で選ぶ」を追加しました。
2005.07 旬のトピックのバックナンバーを追加しました。
2005.06 リンク集を追加しました。
2005.03 温泉以外の全ページに外部地図サイトへのリンク(許諾済み)を追加しました。ハイキングの各ページに"参考になるWebページ"を追加しました。
2004.12 文字のサイズを大きくしました(ブラウザソフトのメニューにより変更できます)。
2004.07 新規オープンし、まず、温泉音楽スポットハイキング・トレッキングの情報を掲載しました。