ザゼンソウまつり


ザゼンソウ祭りのザゼンソウの花(写真提供:諏訪市)
場所 諏訪市 有賀峠ザゼンソウの里公園 地図
期日 祭り:3月下旬〜4月上旬(2020年は3/28〜29)9:00〜15:00
花の見頃:気候により3月中旬〜4月中旬
料金 無料
問い合わせ先 Tel. 諏訪市都市計画課 0266-52-4141
Web http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=603(諏訪市)
アクセス(車) 諏訪ICから約30分(国道20号を西に行き六斗橋信号を左折。有賀峠を越え700m下った左側)
アクセス(公共交通) 上諏訪駅からタクシー約30分

こだわり情報

雪から顔を出しているザゼンソウの花
ザゼンソウ祭りのザゼンソウの花
ザクザクドットコム提供 '05年3月末)

「ザゼンソウの里公園」は、春の訪れを告げる可憐な座禅草ザゼンソウ3万株が湿地に群落するスポットです。ザゼンソウ祭りの期日には、甘酒の無料サービス、山野草やキノコの原木の販売も行われます。
祭りの期間以外の時も、年により3月中頃〜4月中頃に座禅草が見られ、4月には水芭蕉など他の花と一緒に見られます。

ザゼンソウは公園内の湿地にあり、木道が古くなって歩きにくかったのを地元の住民グループが2019年に整備され、見学しやすくなりました。ザゼンソウまつりも3年間行われませんでしたが、2020年に再開しました。

座禅草の花と葉
居谷里湿原の座禅草

ザゼンソウってどんな花?

ザゼンソウは、ミズバショウと同じように湿地帯に咲く春の花です。花全体の形や色が、達磨大師が座禅を組む姿に似ているのでこの名が付き、ダルマソウとも呼ばれます。花からは、虫をよせつける物質が出ていて、悪臭がします。
そう聞くとあまり可愛らしい感じがせず、写真を見てもさほど美しい感じは受けませんが、実物を見るとミズバショウに負けないぐらい可憐で美しい花なので、人気があります。

ざぜん草は信州のここでも見られます(3月下旬〜5月上旬)

以前は白馬村の飯森ざぜん草園(五竜スキー場いいもりゲレンデ)が日本一の規模でしたが熊の被害等で今はほとんど見られません。

近くの宿

宿を検索中...
次のイベントへ→
南信のトップへ