塩尻 ワイナリーフェスタ・信州塩尻ヌーボー&メルローサミット


ワイナリーフェスタのワインステーションと「ぶどう畑ピクニック」(写真提供:塩尻市)
場所 ワイナリーフェスタ:塩尻駅前「ワインステーション」(地図)・塩尻市内ワイナリー8ヶ所
信州塩尻ヌーボー&メルローサミット:塩尻市立体育館
期間 ワイナリーフェスタは5月の土日(2021年・2020年はコロナウイルス対策のため中止)9時半〜16時
※2013年までは10〜11月に開催されていましたが変更されました。 信州塩尻ヌーボー&メルローサミットは11月の土曜(2019年は11/23)
料金 ワイナリーフェスタ:前売 3,500円(3月下旬(2020年は4/11)から全国のコンビニと長野県内のプレイガイドで発売。当日券はありません)
ヌーボー&メルローサミット:参加費2,500円
参加者数(定員) ワイナリーフェスタ:土・日とも 2,700名ずつ(前売券販売枚数)
ヌーボー&メルローサミット:1000名
問い合わせ先 Tel. 0263-52-0280(塩尻市役所観光課)
Web http://shiojiriwine.naganoblog.jp/
アクセス(公共交通) ワイナリーフェスタのワイナリーめぐり受付のワインステーションは、塩尻駅前
ワイナリーは駅から臨時シャトルバス(15分おき)または徒歩
アクセス(車) 長野道塩尻ICから国道20・19号を西に5分
※当然のことですがドライバーは飲めません。

こだわり情報

塩尻 ワイナリーフェスタ オリジナルワイングラス
オリジナルワイングラス

「ワイナリーフェスタ」は、古くからブドウ栽培とワイン醸造の盛んな塩尻市の、大小9社もあるワイナリー+珍しいワイン醸造を習う高校が合同で行うイベントです。塩尻駅前の「ワインステーション」で各社のワインが販売される他、「ワイナリー巡り」として、臨時循環バスかウォーキングでワイナリーを巡り、各社のワインの試飲・工場やブドウ農園の見学ができます。ワイナリーごとにいろいろな趣向で迎えてくれます。ブドウ園のブドウ棚の下で「ぶどう畑ピクニック」として飲食できるワイナリーもあります。
ワインステーションで参加証としてもらえるオリジナルワイングラスは、台の部分が地元の木曽漆器でできているお洒落な物です。地元の農産物や、そば発祥の地である塩尻市内のそばの販売、ミニコンサートの開催もあります。

2013年までは秋の新酒のシーズンに行われていましたが、ワイナリーが忙しい時期に重なるため、2014年から5月開催になりました。
秋のイベントとしては、屋内でオリジナルワイングラスで各ワイナリーの新酒を楽しめる「信州塩尻ヌーボー&メルローサミット」が開催されます。2016年までは屋外で「塩尻ヌーボーピクニック」が行われていました。


塩尻のワイナリーのワイン

ワイナリー巡りは、2005年に始まったイベントですが、初年度から主催者側も驚くほど多くの人が集まりました。参加者が多すぎるため、2011年から販売枚数を限定した前売券が全国で発売され、購入者のみ参加できるようになりました。チケットは土曜日の分は発売日当日、日曜日の分も1週間ほどで完売します。

塩尻のワインは、本場の海外のワインに比べて割高という人もいますが、最近はブドウの栽培やワインの醸造の質が上がっていて、人気漫画「神の雫」で取り上げられた井筒ワインや、発売してすぐ売り切れる人気のKidoワイナリーなど、評価が高いものが多いです。

もう少し足を延ばせば

JA塩尻市ワイン工場のページをご覧ください。

塩尻市では他にもこんなワインやブドウに関するイベントが

ワインのイベントは信州のここでも開かれます

諏訪地域の造り酒屋の日本酒地酒を、ワイナリーフェスタと同じように呑み歩ける、10月と3月の上諏訪街道呑みあるきも人気があります。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
中信のトップへ