松原湖わかさぎ穴釣り


松原湖の氷上わかさぎ穴釣り(写真提供:立花屋)
場所 長野県小海町 松原湖(別名 猪名湖・長湖)氷上 地図
期間 12月下旬〜3月上旬(毎年、気温による氷の状態で変わります。2020〜2021年のシーズンは、寒波で早めの12/26に長湖・1/2に猪名湖が解禁、3/7終了でした。暖冬の2019年のシーズンは1/17から一部予約制で解禁したが2/13に終了しました。2018年は12/31一部・1/4前面解禁・3/3に終了、2017年は早めの12/23一部・12/30全面解禁・3/4終了、2016年は12/31一部・1/13全面解禁・3/5終了、2015年は1/11一部・1/23全面解禁し3/5終了、2014年は12/29一部・12/31全面解禁・3/8に終了でした)
料金 日釣り券500円(中学生以下無料)
問い合わせ先 Tel. リゾートイン立花屋 0267-93-2201
Web https://resortinn-tachibanaya.jp/spot/fishing/(立花屋)
アクセス(車) 紅葉ときのこ狩りツアーのページをご覧下さい
アクセス(公共交通) 松原湖駅から町営バスで6分

こだわり情報


収穫されたワカサギ

凍結した湖上で氷に穴を開けてワカサギを釣る「穴釣り」は、信州の冬の風物詩で、釣りファンでなくても一度はやって見たいものです。しかし、最近は水質や自然環境の悪化・乱獲・ブラックバスなどによりワカサギが減った上、暖冬のため、厚い氷で凍結する湖も少なくなり、一部の湖でしかできなくなりました。今もワカサギが釣れる湖として野尻湖や木崎湖が人気がありますが、乗り合い船や秋の岸からの投げ釣り・ボート釣りです。かつてワカサギ釣りのメッカだった諏訪湖も、今は穴釣りはできず、全面禁漁の年もあります。
八ヶ岳の東山麓の松原湖では今でも氷上でのワカサギの穴釣りができます。他の湖より小ぶりのワカサギで、テクニックと各種の道具が必要で、釣り方を知らないと1匹も釣れない(知っていても釣れないことは多いです)こともあります。また、外は最低気温が−15℃以下にもなる上、湖は氷が割れる危険性もあるので、初心者は近くの宿や上級者に教えてもらう必要があります。
テント・ドリル・釣り具などは全てレンタルでき、特に宿泊客には安く貸してくれますが、週末は、事前予約が必要です。
氷上でできない時期は、桟橋からワカサギ釣りができます。

松原湖は、2016年の大ヒットアニメ「君の名は。」の新海誠監督の出身地の小海町にあり、映画に出てくる「糸守湖」の最初のイメージと発言されていて、「聖地」の一つです。

わかさぎ釣りは長野県内のここでもできます

※解禁時期はわかさぎの数や気温により変わり、場所により解禁されない年もあります。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
東信のトップへ