国営アルプスあづみの公園 チューリップまつり・ナノハナまつり

場所 安曇野市堀金烏川33-4 国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高地区 地図
期間 チューリップ:4月中旬〜5月上旬・菜の花:4月下旬〜5月中旬
開花時期はその年の気温・種類・園内の場所により変わります
料金 公園入場料大人450円(GW中無料開園日有り)
問い合わせ先 Tel. 国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高管理センター 0263-71-5511
Web http://www.azumino-koen.jp/horigane_hotaka/English Pageあり)
アクセス(車) 長野道安曇野ICから約20分(県道57号経由)
アクセス(公共交通) 穂高駅からあずみの周遊バスで約15分

こだわり情報


チューリップと桜の共演

国営アルプスあづみの公園は春になるとさまざまな花が楽しめますが、中でも堀金・穂高地区のチューリップは年々増えて数百種類・数十万本の規模があり、近年は「チューリップ祭り」として、日によってイベントも開催されます。
残雪を頂く北アルプスをバックに、4月中旬なら桜の花とも共演が見られます。チューリップ畑は公園の中央入口を入って右(北東)側の「田園文化ゾーン」の一角、穂高口側にありますが、もう一つの「里山文化ゾーン」には数百万本の菜の花の畑があり、チューリップから少し遅れて4月下旬から見頃になります。こちらも「ナノハナまつり」としてイベントも開催されます。「里山文化ゾーン」は、公園の南側に別の入り口があり、チューリップ畑からは歩いて15分ぐらいかかります。

6月には、球根を掘り取って持ち帰れるという珍しい「チューリップ狩り」も行われます。

国営アルプスあづみの公園は


早春賦音楽祭

全国18箇所にある国営公園の一つとして、2004年に安曇野の北アルプス側の山麓にオープンしました。入場料が必要な広大な公園です。
「堀金・穂高」地区と、「大町・松川」地区の2箇所にあり、花壇や遊歩道の他、蕎麦打ちなどいろいろな体験ができる施設があります。堀金・穂高地区は田んぼがあったり農家の体験ができ、大町・松川地区は樹木が多くアウトドアが好きな方向きです。

ペットも入場可能です。修学旅行などの団体客も多く受け入れています。

国営アルプスあづみの公園では、毎年5/4に「早春賦音楽祭」も開催されます。

もう少し足を延ばせば

大王わさび農場のページをご覧ください。

チューリップは信州のここでも見られます

赤いチューリップの花のアップ

千曲市にあった民間最大規模の100万本を誇っていた「チューリップの里」は2009年に残念ながら閉園しました。


近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
中信のトップへ