上諏訪街道呑みあるき

造り酒屋に入る参加者
酒屋巡り(写真提供:諏訪市)
場所 〒392-0004 諏訪市諏訪1-6-1 アーク諏訪3F 諏訪市駅前交流テラス すわチャオ(地図)〜国道20号沿いの酒屋〜元町1-16宮坂醸造
日時 9月下旬〜10月上旬土(2019年は中止)・3月下旬土(2020年はコロナウイルス感染防止のため中止) 13時〜17時
料金 参加費3000円
※以前は1000円でしたが徐々にアップしています。当日券はなくなりネットかコンビニでチケットを事前購入する必要があります。
参加者数 チケット販売数3500枚
問い合わせ先 Tel. 諏訪観光協会 0266-52-2111
Web http://nomiaruki.com
アクセス(車) 中央道諏訪ICから国道20号に出て上諏訪駅方面に約20分
アクセス(公共交通) 上諏訪駅から国道20号を東京方面に徒歩約10分

こだわり情報

国道20号上諏訪街道は、わずか500mの間に造り酒屋が5軒も立ち並ぶ酒どころです。そこの若い商店主たちの街作り団体「上諏訪街道21」で、毎晩遅くまで熱く語り合った末に考え出した、まさに「飲み歩き」・「食べ歩き」をするという、とてもユニークなイベントです。初めは数百人の参加者でしたが、特別に宣伝はしないにもかかわらず、口コミで除々に人気が出て、今では、県外の呑み助も含めて千人以上の人が参加します。
人数が多すぎるので、2018年に開催期間が2日間になった後、2019年は安全面の課題を解決するため抜本的な見直しをすることになり、中止されましたが、2020年春に「呑み歩き」に「街歩き」を加えた内容では3/28に復活する予定でしたが、コロナウイルス感染防止のため中止となりました。

参加者は、5軒の酒屋での合計数十種類の地酒の試飲の他、参加商店が振る舞うコーヒー・ジュース・はちみつ・豚汁などを味わいながら歩くので、お酒が飲めない人でも楽しめます。5軒の地酒の中では、少し離れた場所にある宮坂醸造の「真澄」が信州では有名です(少し甘口です)。

以前は胸に貼るシールを見せれば地ビール以外は飲み放題でしたが、酔っ払う方が私有地に入るなどのマナーが問題になり、2018年秋からコインの数だけ飲めるコイン制になりました。

2013年秋から「他の時でも飲み歩きがしたい」という要望に応え、「いつでもごくらく酒蔵めぐり」も始まりました。「上諏訪街道呑みあるき」同様、「酒蔵めぐりクーポン」(1800円)を購入すれば、5つの蔵を回ってオリジナルのおちょこをもらいながら地酒を試飲できます。

地酒の試飲会は信州のここでも行われます

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ
南信のトップへ