白馬五竜高山植物園のコマクサ(旧コマクサ祭り)


コマクサとシロバナコマクサ(写真は全て白馬五竜観光協会のご提供です)
場所 白馬五竜高山植物園(冬スキー場になる斜面の上部です。名称は以前は五竜アルプス山野草園でした) 地図
期間 6月中旬〜(2021年は6/12・13と6/19〜開園・開花中
コマクサの花期は年により6月中旬〜7月中旬です。
料金 入園は無料ですが、ゴンドラ「テレキャビン」で登る必要があり、大人往復1800円(小人半額)
問い合わせ先 Tel. 白馬五竜観光協会 0261-75-3700
Web http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/
アクセス(車) 長野道安曇野IC(旧豊科IC)から国道147と148号を北上、または、上信越道長野ICから国道19号とオリンピック道路を西へ。どちらもICから約1時間
エスカルプラザというレストラン等がある施設の駐車場からテレキャビン乗車
アクセス(公共交通) 神城駅から無料シャトルバス10分・徒歩約20分でエスカルプラザ

こだわり情報

無数に咲くコマクサ
満開のコマクサ

白馬五竜高山植物園では、30万株もの山野草の花々と共にコマクサが植栽されており、赤とピンクの他、珍しい白いコマクサもある美しい群生を、自然遊歩道をトレッキングしながら観賞することができます。

アルプス展望リフト(ゴンドラ往復券に+400円)で登って、歩いて下りながら見ると楽です。また、さらに景色を楽しみたい方は、「地蔵の頭」やその先の小遠見山山頂へのトレッキングも可能です。

以前は「コマクサ祭り」として各種イベントも行われていました。

コマクサってどんな花?

1輪のコマクサの花

コマクサ(駒草)は、信州のアルプスのような標高の高い厳しい場所でしか自生せず、岩場に咲くけなげで可憐な姿から、「高山植物の女王」と言われます。

白馬五竜では他にもこんなイベントが

無数に咲くピンクのアカバナシモツケソウ
Alps花三昧のアカバナ
シモツケソウ(7月下旬-8月上旬)

白馬五竜かたくり祭り

白馬Alps花三昧(7月初〜8月下旬)

もう少し足を延ばせば

この時期は、飯森駅近くの白馬 ブルーベリー園でブルーベリー狩りができます。

スタッフおすすめの宿

上屋敷わでやしき
古民家の中でも珍しい、めったに体験できない本物のかやぶき屋根の民宿で、予約すれば囲炉裏での食事もできます。姫川源流や、冬はさのさかスキー場に近い場所です。夏は無農薬のブルーベリー狩りもできます。

プチホテル みそら野
白馬美術館やジャンプ台、八方尾根にも近い、みそら野地区にあるペンション風のホテルです。ディナーはオーナーシェフが腕をふるいます。洞窟風の岩風呂など3つの温泉の内風呂は貸切にもできます。

白馬樅の木ホテル
八方尾根のハイキングコースやスキー場に近い、森の中のリゾートホテルです。白馬八方温泉の露天風呂もあり、信州の素材を使ったコース料理もリゾート気分たっぷりです。

白馬東急ホテル
八方尾根に近い、高台にあるグレードの高いリゾートホテルですが、プランにより、意外と安価で泊まれます。ロビーも部屋も広々としています。お風呂は、白馬八方温泉の「美人の湯」で、日帰り入浴もできます。

コマクサは信州内外のここでも見られます(7〜8月)

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
中信のトップへ