外国人日本文化体験デー@中町


中町蔵シック館で今年度12回やる外国人旅行者向けの日本文化体験デー。昨日1回目が終わりました。
一昨年中町主催で行った日本文化体験デーが成功だったので、今回は松本市の主催です。

子供連れなど20~30組ほどの外国人グループが、着物・サムライ・書道・茶道・華道・クラフトなどの体験を楽しみました。

弊社は、チラシなどの外国語の翻訳、WebやSNSの情報発信、Facebookでの宣伝、インバウンドと前回の経験によるアドバイスでお手伝いしました。もっと読む

安曇野「田んぼアート」イベントHP制作

安曇野で今年から始まった「田んぼアート」のイベントで、展望台が昨日からオープンしました。

その公式ページを弊社で制作させて頂きました。

イベントのページに必要な、タイトル・キャッチコピー&説明・期間や場所と地図・関連イベント情報・お知らせ・Instagram 埋め込みが揃ったページになっています。ライブカメラ画像の組み込みも行いました。もっと読む

善光寺の日本語・英語お朝事パンフレット

4月に、善光寺のパンフレットの日本語版・英語版を制作させて頂きました。

「お朝事」という、毎朝行われている「お数珠頂戴」などの参拝行事のパンフレットで、デザインは、お寺のパンフとしてはちょっと新しいポップな感じにしました。

英語版は、知識のない外国人向けに日本語版より詳しく内容を記載しています。開始時間が日の出の時間に合わせて毎日変わるというのが面白く、またそれをわかりやすく見せるのを工夫しました。

1400年の歴史を持つ善光寺。「お朝事」は毎朝365日行われて来たという重みを感じながらの制作でした。もっと読む

安曇野観光サイトのサイクリング特集プロジェクト (Building Azumino's Cycling Feature Page)

ホームページを作成するときは、コンテンツ(=内容)は日本語の文章が既にあり、それを翻訳してサイトを作ることが多いです。サイトで使う写真も提供されることも少なくないし、デザインが既にできている場合もあります。なかなか「ゼロから」作るチャンスはありません。

今回のプロジェクトは少し違いました。安曇野市の観光サイトの英語版のために、安曇野でのサイクリングの魅力を見せてレンタサイクルで町を走りたくなる特集を作ることになりました。コンテンツは、日本人が書いた文章の翻訳ではなく、外国人の観光客の視線から考えて外国人が書くことになり(今回は私でしたが)、どんなコンテンツを書くかは、何人かの外国人が実際に安曇野でサイクリングツアーに参加して意見交換を行って決めました。写真も、参加者がツアーのときに取ったものを新しいページで使うことになりました。

It’s not often that we get to work on a web page from complete scratch.もっと読む

外国人向け体験サイトとパンフの制作


昨年来、松本の外国人向け体験サイト Matsumoto Experience とパンフを制作させて頂き、英語・中国語版に加えて今回フランス語版のサイトもできました。

松本のインバウンドを熱くする会でも、松本城に来る外国人ができる体験プログラムを増やしたいと活動してきましたが、一つのカタチになってとても嬉しいです。もっと読む