鹿塩かしお温泉(塩湯荘)

塩湯荘
所在地 下伊那郡大鹿村鹿塩 地図
泉 質 ナトリウム‐塩化物強塩冷鉱泉
(中性高張性冷鉱泉)
水素イオン濃度 pH 7.4
泉 温 13.4℃
溶存物質 25830mg/kg
知覚的特徴 ほとんど無色透明 強塩味・微鉄味・微硫黄味・硫化水素臭


こだわり情報

鹿塩温泉は、国道152号線から塩川に沿った道を入ったところにあり、南アルプスの登山口でもあります。
お湯は、海と同じくらいの濃度の食塩泉で、温泉には製塩所もあります。山の中でどうして塩水が湧くのか、まだ理由がはっきりとは解明されていないそうです。「鹿塩温泉」の名前の由来も、塩を含む水を鹿が飲んでいるのを見て温泉が見つかったと言う鹿教湯温泉と同様の言い伝えによります。
大鹿村では、春と秋に大鹿歌舞伎が開催されます。
鹿塩温泉は、2011年の映画「大鹿村騒動記」で、遺作となった主演の原田芳雄さんが入浴するシーンでロケ地として使われました。

日帰り(立ち寄り)入浴できる施設

施設名 掛け
流し
特徴 料金 (円) 営業時間 定休日 備考
塩湯荘     600 〜15時   宿泊施設
0265-39-2316 http://shioyuso.com/
(by じゃらん Web サービス)

近くの宿

宿を検索中...
←前の温泉へ 次の温泉へ→
南信のトップへ