藤村記念館(懐古園)


藤村記念館外観
所在地 小諸市てい315(小諸城趾懐古園内) 地図
アクセス(車) 上信越道小諸ICから10分
アクセス(公共交通) 小諸駅から徒歩5分
開館時間 8時半〜17時
休館日 12月〜3月中旬の水曜・12/29〜1/3
入場料 藤村記念館のみ200円(小中学生100円)
懐古園内施設共通券500円(小中学生200円)
Tel. 0267-22-1130
Web http://www.kanko.komoro.org/midokoro/touson.html


こだわり情報

小諸城趾の懐古園内にある藤村記念館は、長野県とゆかりの深い詩人・小説家の島崎藤村の小諸時代の作品・資料・遺品が展示されている資料館です。『千曲川旅情の歌』の掛け軸などの販売もしています。家族や生徒との写真、手紙、『破戒』の初版本などがあり、シンプルでフラットなスペースで、資料が見やすいのがうれしいです。

島崎藤村は

1872年(明治5年)に、木曽の、現在は観光スポットになっている、中山道馬籠宿で生まれました。「ロマン主義」の詩人から小説家に転じ、「自然主義文学」の先駆者となりました。私塾の「小諸義塾」の教師として当時の長野県小諸町に赴任し、6年を小諸で過ごしています。
代表的な作品に、「木曾路はすべて山の中である」の有名な書き出しで始まる歴史小説の大作『夜明け前』、自然主義文学の傑作『破戒』、小諸時代の随筆『千曲川のスケッチ』、詞には『椰子の実』(「名も知らぬ遠き島より〜」)、『千曲川旅情の歌』(「小諸なる古城のほとり〜」)、『初恋』(「まだあげ初めし前髪の〜」)などがあります。

藤村記念館のある懐古園は


小諸八重紅枝垂桜

武田信玄が山本勘助などに築かせた城が原形となった小諸城の城跡で、明治時代以降、公園になっています。桜と紅葉の名所で、桜は、日本さくら名所100選に選定されています。懐古園にはいろいろな種類の桜があり、咲く時期も長期間に渡ります。特に「小諸八重紅枝垂こもろやえべにしだれ」というしだれ桜が有名です。
園内には、藤村記念館の他、展望台、博物館、美術館、山本勘助の「鏡石」、そして動物園や遊園地まであります。古くからの一大プレースポットです。

近郊のおすすめスポット

懐古園の隣に、有名な老舗蕎麦屋草笛と、草笛が経営するそば打ち道場明日香があります。
また、東小諸駅近くに、地元の蕎麦粉を石臼製粉機などで製粉・販売する大西製粉があります。
その他、松井農園のページをご参照ください。

スタッフおすすめの宿・日帰り温泉・食事処

中棚荘
明治時代創業の高級老舗温泉旅館で、島崎藤村がたびたび宿泊し、『千曲川のスケッチ』にも出てきます。
源泉かけ流しの温泉「初恋りんご風呂」や、食事処「はりこし亭」(夜は予約のみ)もあります。

島崎藤村ゆかりの施設は長野県内外のここにもあります

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
東信のトップへ