天蚕てんさんセンター

天蚕センターの建物
天蚕センターの建物
所在地 〒399-8301 安曇野市穂高有明3618-4 地図
アクセス(車) 長野道安曇野IC(旧豊科IC)から山麓線経由20分
アクセス(公共交通) 穂高駅よりタクシー10分、安曇野穂高周遊バス25分、またはレンタサイクル
開館時間 9時〜17時(11〜3月は15時)
休館日 月曜日と祝祭日の翌日・年末年始
入場料 無料
Tel. 0263-83-3835
Web http://www.city.azumino.nagano.jp/kanko/enjoyazumino/shokuji.html


こだわり情報


経緯全天蚕糸花織りショール
(安曇野スタイルネットワーク提供)

安曇野の林の中にある「天蚕センター」は、合併前の穂高町のこの地区で江戸時代から行われて来た、天蚕飼育とその織物を紹介・展示しています。天蚕の糸で織られた美しい有明紬(別名 天蚕紬)の着物やビデオ・機具・資料を見ることができます。すべて手織りで織られるため高価ですが、有明紬のマフラーやコースターなどの商品も販売しています。小さな施設で入場も無料ですが、グリーンの天蚕糸や織物は、目に焼きつく美しさで、安曇野の観光の合間の時間に立ち寄るのによいスポットです。

天蚕とは


天蚕の繭(安曇野スタイル
ネットワーク提供)

人の飼育用に品種改良されたかいこの野生種のヤママユガで、餌も桑の葉でなく、クヌギなど里山の木の葉を食べます。成虫は、カイコガ蚕蛾と違い、飛ぶ事もできます。天蚕が紡ぐ天蚕糸は、蚕の紡ぐ絹糸シルクより美しい光沢のある緑色で、強伸力に優れてしわになりにくい性質を持ち、「繊維のダイヤモンド」や「繊維の女王」と呼ばれます。

近郊のおすすめスポット

少し北にある大熊美術館のページをご覧ください。

安曇野のスタッフおすすめの宿

大王わさび農場のページをご覧下さい。

蚕や絹の博物館は信州のここにもあります

岡谷市蚕糸博物館のページをご覧ください。

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
中信のトップへ