高橋まゆみ人形館


高橋まゆみ人形館の外観
所在地 〒389-2253 長野県飯山市飯山2941-1 地図
アクセス(車) 上信越道豊田飯山ICから国道117号経由約15分
アクセス(公共交通) 北飯山駅から徒歩5分
入館可能時間 9時〜16時半・冬季12〜3月は10時〜15時半
休館日 水曜日(祝日時やお盆前後は開館、翌日休館の場合あり)・年末年始12/29〜1/2・展示替え時期
入場料 610円(小中学生410円)
Tel. 0269-67-0139
Web http://www.ningyoukan.net


こだわり情報


展示室(写真提供:高橋まゆみ人形館)

高橋まゆみ人形館は、飯山在住の創作人形作家、高橋まゆみさんの創作人形を展示する美術館です。2010年にオープン以来大人気で、連休などの混雑時は入場制限で1時間待ちの行列ができることもあります。一番混むお昼前後を避けて行くのが良いでしょう。団体の方は事前予約が可能です。
高橋まゆみさんの人形は、田舎のおじいちゃんやおばあちゃんなどの人形の表情が何とも言えず、今の時代に求められている暖かさと懐かしさが感じられます。人形館を出てくる時には笑顔になる人が多く、小さな美術館ですが、並んでも入る価値ありでしょう。人形は年に2度展示替えで入れ替わります。

高橋まゆみさんは


1956年長野市生まれで、飯山の農家に嫁がれた後、通信教育で人形作りの基礎を学ばれたそうです。試行錯誤の末、田舎暮らしので出会った方たちをモチーフに、独自の作風を確立されました。
「高橋まゆみ人形館」が開館される前7年間は、全国90箇所で人形達の巡回展が開催されました。TV番組「徹子の部屋」にも出演し、今や全国的に人気があります。
人形館内のビデオで高橋まゆみさんが人形を作る課程が見られます。通常毎月15日(休館時は翌日)には、高橋まゆみさんが館内におられます。

高橋まゆみ人形館の近くで開かれるイベント

国道117号線を千曲川沿いにさらに10分ほど車で走ったところで5月の連休に開かれる菜の花まつりはイチオシのイベントです。

近郊のおすすめスポット

菜の花まつりのページをご覧ください。

スタッフおすすめの宿

残雪とブナの芽吹きツアーのページをご覧下さい。

近くの宿

宿を検索中...
次の美術館・博物館へ→
北信のトップへ