世界の民俗人形博物館



世界の民俗人形博物館の外観と入り口
所在地 〒382-0031 須坂市野辺1367-1須坂アートパーク内 地図
アクセス(車) 須坂長野東ICより国道403号・県道58号・北信濃くだもの街道経由8分
アクセス(公共交通) 長野電鉄須坂駅よりタクシー7分または徒歩約40分
開館時間 9時〜17時
休館日 水曜日(祝日時以外)・12/29〜1/3
入場料 300円(小中学生無料)
Tel. 026-245-2340
Web http://www.culture-suzaka.or.jp/doll/


こだわり情報


展示室(須坂市観光協会写真提供)

「世界の民俗人形博物館」は、高田賢三、山本耀司など数多くのファッションデザイナーを育てた須坂市出身の小池千枝さんの90数ヵ国2千点以上もの民俗人形のコレクションを所蔵・展示する、人気の高い博物館です。「須坂アートパーク」内にあり、美しい自然や施設に囲まれています。5大陸に分けて民俗人形を展示し、その地の文化も紹介しています。
世界の人形を見ながらその民俗や文化も知ることができる上、小池千枝さんの「ファッションの原点は民俗衣装」という言葉の通り、民俗衣装がいかに現代ファッションにつながっているかを感じることができるスポットです。

世界の民俗人形博物館のある須坂アートパークで開かれるイベント

12月のクリスマスイルミネーションでは日本有数の30mほどの高さのツリーが飾られます。また、5月下旬には森の中のクラフトフェアが開かれます。

近郊のおすすめスポット

須坂アートパーク内には、「版画美術館」と、武家長屋などが並ぶ「歴史的建物園」もあります。また、桜の名所で、人気の須坂市動物園もある「臥竜公園」まで歩いて約10分です。その他、米子大瀑布のページをご覧ください。

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
北信のトップへ