北澤美術館

北澤美術館外観
北澤美術館外観
所在地 〒392-0027 諏訪市湖岸通り1-13-28 地図
アクセス(車) 中央自動車道諏訪ICから約10分
アクセス(公共交通) 上諏訪駅から徒歩約15分
入館可能時間 9時〜17時30分(10〜3月は16時30分)
休館日 年中無休(展示替え時は臨時休館)
入場料 大人1000円 中学生500円(HPに割引券あり)
Tel. 0266-58-6000
Web http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/


こだわり情報

ひとよ茸ランプ
エミール・ガレの「ひとよ茸ランプ」
(北澤美術館写真提供)

北澤美術館は、バルブメーカーの(株)キッツを創業した北澤利男さんが1982年に諏訪湖の東湖畔に設立した美術館です。
エミール・ガレの「ひとよ茸ランプ」をはじめとするアール・ヌーボー期のガラス工芸と、東山魁夷「緑のハイデルベルク」などの現代日本画が展示されています。特にアール・ヌーボー期のガラス工芸のコレクションは世界有数のものです。
館内は、1階にガラス工芸、2階に日本画が展示されています。1階には図書コーナーもあって、ガラス工芸・日本画についての数多くの文献を見ることができます。

以前は、諏訪湖の南湖畔に「北澤美術館新館」があり、そちらにも多くの作品が展示されていましたが、2012年12月に、別経営の複合施設「SUWAガラスの里」の美術館となりました。北澤美術館も2013年4月にリニューアルし、ガラス工芸展示室が2倍に拡張されました。
また、清里に「清里北澤美術館」もありましたが、2012年3月に閉館し、それらの作品は北澤美術館本館に集約されています。

近郊のおすすめスポット

北澤美術館から湖岸沿いの南一帯は、片倉館などがある上諏訪温泉です。無料の足湯もすぐ近くにあります。
スワンバスで25分(車で10分)ほどのところに、岡谷温泉(ロマネット)があります。
車で10分ほどのところには下諏訪温泉が、車で20分ほどのところには毒沢鉱泉・六峰温泉があります。

ガラス工芸を展示・販売する美術館・施設は信州のここにもあります

「SUWAガラスの里」の美術館のページをご覧ください。
(by じゃらん Web サービス)

近くの宿

宿を検索中...
次の美術館・博物館へ→
南信のトップへ