北野美術館


北野美術館の庭園と建築
所在地 〒381-0101 長野市若穂綿内7963-2 地図
アクセス(車) 上信越道長野ICから国道403号経由20分、須坂長野東ICからは8分
アクセス(公共交通) 長野駅東口から長電バス保科温泉線30分「若穂支所前」下車徒歩10分
または、長野電鉄須坂駅から屋代線(2012年に廃線)代替バス18分「若穂病院」下車徒歩10分
入館可能時間 9時〜17時(12〜2月は9時半〜16時半)
休館日 月・火曜(祝日時は翌日)・12/28〜1/6
入場料 800円(学生500円・小学生以下300円)
Tel. 026-282-3450
Web http://www.kitano-museum.or.jp/割引券あり)


こだわり情報


北野美術館の建物(右奥)と湯島天満宮信濃分社

長野市郊外の松代と須坂の間にある北野美術館は、長野県最大の建設会社の北野建設の経営者が収蔵した500点もの美術品を、季節毎に展示している美術館です。
横山大観・上村松園・下村観山など、近代日本画の代表的な作家の作品を中心に、ルノワール・シャガール・ピカソ・ユトリロなどの洋画、ロダンなどの彫刻、その他書跡や工芸品もあります。見て回れば近代美術史の勉強になるほどのコレクションです。
また、枯山水と築山で校正された素敵な日本庭園と回廊があり、隣には東京の湯島天満宮の信濃分社もあります。

北野カルチュラルセンター・戸隠分館

長野市の中心部の善光寺の参道沿いには、北野美術館の別館として「北野カルチュラルセンター」があり、市民に開かれたスペースとして、ミニ企画展や貸ギャラリーでの展覧会が行われています。

また、2015年に、戸隠神社奥社入口の東徒歩数分の場所に「北野美術館戸隠館」も開館しました。自然に囲まれた場所で、季節感のある日本画などが展示されます。

近郊のおすすめスポット

松代方面に車で5分(歩いて30分くらい)行けば、完全掛け流しで人気の高い大室温泉まきばの湯があります。
松代まで行くと、皆神山・松代大本営象山地下壕旧横田家住宅旧松代藩文武学校・真田宝物館・真田邱・佐久間象山記念館・池田満寿夫美術館などもあります。

(by じゃらん Web サービス)

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
北信のトップへ