木曽くらしの工芸館(道の駅「木曽ならかわ」)

木曽くらしの工芸館内部
木曽くらしの工芸館内部
※写真はすべて塩尻市のご提供です。
所在地 〒399-6302 塩尻市木曽平沢2272-7 地図
アクセス(車) 長野道塩尻ICから国道19号を南に約25分・中津川ICから国道19号を北に約1時間40分
アクセス(公共交通) 木曽平沢駅から徒歩15分
高速バス新宿発木曽福島駅前行き「漆の里平沢」下車すぐ
開館時間 9時〜17時頃(季節により変動あり)
休館日 火曜日・年末年始(季節により変動あり)
入場料 無料
Tel. 0264-34-3888
Web http://www.kiso.or.jp/


こだわり情報


オリンピックメダル

「木曽くらしの工芸館」は、国道19号沿いの道の駅「木曽ならかわ」にあり、この地区、塩尻市に合併する前の楢川村の名産の漆器しっきの展示と販売を行う施設です。木曽地域地場産業振興センターという長い名称もあります。
1階が販売スペースで、木曽の木材や漆を使った高価な漆器から安価な輸入物の漆器までさまざまな商品を販売しています。2階が展示コーナーで、長野オリンピックのメダルとその製造工程や、漆器作家たちの素晴らしい作品を見て回れます。1階には漆器以外の特産品も売っており、また、隣の建物「ならかわ市場」では、冬期以外、新鮮な野菜や名産品などを売っています。。
予約制で、木曽漆器の工芸品の体験もでき、700円〜と安価です。

漆器とは

木に、ウルシノキの樹液から採れるうるしを何度も塗り重ねて作った食器などの工芸品です。プラスチックの食器と違って天然素材なので、アレルギーが起きず、近年人気が高まっています。値段は高くても、漆がはげても修理すれば何十年でも使えます。

木曽くらしの工芸館の近くで開かれるイベント

漆器の生産地、楢川地区と奈良井宿では、6月に木曽漆器祭・奈良井宿場祭が開かれます。

近郊のおすすめスポット

くらしの工芸館の裏の道から木曾方面に旧道を少し行くと、有料の博物館「木曽漆器館」があり、国の民俗文化財を含む過去から現代までのより詳しい漆器と漆器制作の展示を見られます。木工や漆器作りの体験もできます。
その他、JA塩尻市ワイン農産物直売所・ワイン工場のページをご覧ください。

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
中信のトップへ