川本喜八郎人形美術館


川本喜八郎人形美術館外観
所在地 〒395-0044 飯田市本町1-2 地図
アクセス(車) 中央道飯田ICから8分
アクセス(公共交通) JR飯田駅・高速バス飯田駅前から徒歩12分
入館可能時間 9時半〜18時
休館日 水曜日(祝日時は開館)・年末年始
入場料 400円(小中高生200円)
Tel. 0265-23-3594
Web http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/


こだわり情報

川本喜八郎人形美術館は、人形劇フェスタが開かれ、世界的に名高い伝統人形劇の町、飯田に2007年にできた新しい美術館です。飯田市の中心市街地、リンゴ並木の横の便利な場所に、再開発で建てられた3階建てのビルで、美術館入り口のある2階が無料スペース、3階が有料の展示室で、200体ほどの人形が展示されています。
川本喜八郎さんは、NHKの人形劇ドラマ「三国志」の人形の作者として知られていて、元々飯田市にゆかりはないのですが、人形劇フェスタをきっかけに何十回も飯田を訪れ、「三国志」や「平家物語」などの人形を寄贈して、この美術館ができました。川本喜八郎人形美術館には、全国から「三国志」を見た方などの川本喜八郎さんの人形のファンが訪れます。

近郊のおすすめスポット

飯田市には、竹田扇之助記念国際糸操り人形館の他、秀水美人画美術館・上郷考古博物館飯田市美術博物館もあります。

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
南信のトップへ