一茶記念館と一茶の里


一茶記念館と民俗資料棟の外観
所在地 〒389-1305 長野県上水内郡信濃町柏原2437-2 地図
アクセス(車) 上信越道信濃町ICから国道18号経由3分
アクセス(公共交通) 黒姫駅下車徒歩5分
入館可能時間 9時〜17時
休館日 年末年始
※冬期12月1日〜3月19日の土・日・祝日の来館希望者は、要事前電話連絡
入場料 500円(小中学生300円)(冬季は半額)
※近くにある野尻湖ナウマンゾウ博物館黒姫童話館との共通割引入館券あり
Tel. 026-255-3741
Web http://www.issakinenkan.com/


こだわり情報

信濃町は、俳人小林一茶の生地で15歳までと、50歳以降に住んだ場所で、あちこちにゆかりの場所があり、「一茶の里」として保存公開されています。
一茶の墓のある小丸山公園の一画、黒姫駅からもすぐの便利な場所に「一茶記念館」があり、一茶自筆の俳句や、一茶の生涯と文学を紹介する資料が見られます。記念館では、年数回、一茶と俳句に関する講座が開かれる他、一茶の誕生日の5月5日に「一茶まつり」・命日の11月19日に「小林一茶忌全国俳句大会」も開かれます。
建物は、2003年に新築された小林一茶の雰囲気と異なる現代的な建築ですが、その横に、江戸時代の民家を移築した民俗資料の展示棟(無料)もあり、一茶が生きた時代の暮らしを感じられます。
なお、一茶記念館の館長は2008年頃からネコが勤めていて、近所から毎日「出勤」してくるそうです。運が良ければネコ館長に会えます。

一茶の墓・旧宅・その他の旧跡

Kobayashi Issa-Storehouse
小林一茶旧宅

一茶記念館から石段を上って小丸山公園を歩くと、多くの句碑と、明治時代に一茶をしのんで建てられたお堂「俳諧寺」、その裏の墓地に一茶の墓があります。
また、小丸山公園からさらに数分歩くと、一茶が最晩年を過ごした土蔵を解体・一部復元した「国史跡小林一茶旧宅」があります。

小林一茶は

Kobayashi Issa-Portrait

江戸時代中期の1763年に、今は信濃町となっている北国ほっこく街道柏原宿で生まれ、14歳の時に奉公のために出た江戸で俳句を学びました。30代を日本各地を旅して過ごした末、50歳の時に故郷に戻って「是がまあついのすみかか雪五尺」という句を詠みました。その後、初めて若い妻を持ち、子供もできましたが、妻子が次々と亡くなる不幸に合います。
64歳で亡くなるまで、北信濃の地で多くの俳句を詠み、句集「おらが春」などを残しました。

近郊のおすすめスポット

黒姫童話館のページと、黒姫高原ハイキングコースのページをご覧ください。

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
北信のトップへ