山下清 放浪美術館


山下清 放浪美術館外観
(蓼科中央高原観光協会提供)
HPに
所在地 〒391-0001 茅野市ちの丁田2764-3 地図
アクセス(車) 中央道諏訪ICから国道20号諏訪バイパス経由、新井交差点を左折し、少しして左折。ICから5分
アクセス(公共交通) 茅野駅より徒歩25分
開館時間 9時半〜18時(10〜3月は〜17時)
休館日 年中無休
入場料800円(小中生400円)
HPに割引券あり
Tel. 0266-72-9908
Web http://houro.net/


こだわり情報


山下清 画「ナイアガラ花火と見物人」
(山下清 放浪美術館提供)

放浪美術館は、「放浪の天才画家」山下清さんの作品を展示する美術館です。放浪の旅の途中にお世話になった人へのお礼に描いた作品や、諏訪湖の花火大会を描いた作品などを収蔵展示しています。どこかほのぼのとしていながら重量感もある作品が目に焼きつきます。

山下清は

1922年に生まれ、1971年に亡くなった画家です。色紙をちぎって黙々と画用紙に貼りつめる貼り絵やマジック画で、強烈な作家性を発揮し、「日本のゴッホ」ともよばれました。
軽い言語障害と知的障害を持ち、学園で始めたちぎり紙細工が高い評価を得るようになりましたが、ある日、学園を脱走してリュック1つ背負って計15年間もの放浪の旅に出ます。旅先で見た光景を、学園や実家に戻って驚異的な映像記憶力で描き、また自由を求めて旅に出るという生活を送りました。特に、各地の花火大会を描いた作品が有名です。
'80年〜'97年の「裸の大将放浪記」という芦屋雁之助さんが演じたTVドラマシリーズも人気を博し、全国で巡回された「山下清展」の観客は500万人を超えたそうです。

近郊のおすすめスポット

神長官守矢史料館など藤森照信氏設計の建築群のページをご覧下さい。

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
南信のトップへ