北斎館

小布施 北斎館外観
北斎館外観
所在地 〒381-0201 小布施町小布施485 地図
アクセス(車) フローラルガーデンおぶせのページ参照
アクセス(公共交通) 小布施駅から、徒歩12分・シャトルバス「おぶせロマン号」では2分
入館可能時間 9時〜17時半(季節により変更有り・1/1は時間短縮)
休館日 12/31・その他臨時休館あり
入場料 800円(高校生500円・小中学生無料。特別展開催時は+200円駐車場普通車400円)
Tel. 026-247-5206
Web http://www.hokusai-kan.com/


こだわり情報


祭り屋台
「いい小布施ドットコム」提供

北斎館は、葛飾北斎が、晩年の80代に、スポンサーとなった小布施の豪農商の高井鴻山に呼ばれて小布施に滞在して書いた天井絵の肉筆を展示しています。ここには、版画である浮世絵はなく、日本唯一の肉筆画の他、掛け軸や屏風など展示品はすべて一枚ものです。どれも80代で書いたとは思えないすばらしい色彩美と迫力に驚かされます。特に、屋台展示室にある北斎の天井絵が書かれた大きな祭り屋台が昔から有名です。

今は年間100万人以上の観光客が訪れる小布施の町おこしは、'76年にオープンしたこの北斎館の成功から始まりました。以来、北斎館は地方美術館の先駆けとして注目され、今も小布施の中心的観光スポットです。
北斎館は、2013年から2年に渡って冬季に休館して開館40周年記念のリニューアル工事を行い、2015年4月に新装オープンされました。展示面積が拡大し、入館料も上がりました。

葛飾北斎は


八方睨み鳳凰図(岩松院提供)

江戸時代の画家・浮世絵師で、日本浮世絵博物館などで見られる「富嶽三十六景」などの浮世絵は、世界的に名高く、ゴッホなどフランス印象派にも影響を与えました。浮世絵の他にも、肉筆画、挿絵、画集「北斎漫画」などたくさんの作品を残しました。自らを「画狂人」と呼んだ葛飾北斎は、日本美術史上まれな天才画家と言えるでしょう。

近郊のおすすめスポット

雁田山〜岩松院のページをご覧ください。岩松院には、葛飾北斎の傑作天井画「八方睨み鳳凰図」があります。

近くの宿

宿を検索中...
←前の美術館・博物館へ 次の美術館・博物館へ→
北信のトップへ