北八ヶ岳 横岳


横岳周辺の縞枯現象
所在地 茅野市・佐久穂町
歩行開始地点地図までの所要時間 中央道 諏訪ICから車と北八ヶ岳(旧ピラタス)蓼科ロープウェイで約1時間
茅野駅からバスとロープウェイで100分
最高地点の標高 2473m(横岳 北峰)
参考になるWebページ http://www8.shinmai.co.jp/yama/guide/00069.html(信濃毎日新聞信州山岳ガイド)

八ヶ岳は、北八ヶ岳と南八ヶ岳に分かれますが、北八ヶ岳の主峰の一つが横岳(南八ヶ岳にも「横岳」があるので「北横岳」と言うこともあります)です。北八ヶ岳蓼科ロープウェイから観光地の坪庭自然園を経由することで、重装備なしで登れる初心者向け軽登山コースとして、カップル、家族連れに人気があります。
横岳は、数百年前に噴火した活火山に指定されており、溶岩がゴロゴロしていて、少し歩きにくいです。

アクセス

  • ICから国道20号諏訪バイパスを東に行き新井交差点の立体交差を上に上らず左折して、トンネルでJRの下をくぐる。
  • 御座石神社交差点で左に行きビーナスラインを走り、蓼科の別荘地帯を走る
  • 途中「ピラタス蓼科ロープウェイ」の標識に従って右折して、山道を上る
  • ロープウェイの駐車場に駐車
  • ロープウェイ(20分間隔)で7分で山頂駅へ(ロープウェイに乗らずに歩くことも可能。約1時間)

バス

茅野駅から北八ヶ岳(旧ピラタス)ロープウェイ・車山高原方面バス40分「北八ヶ岳ロープウェイ」下車

コース案内

ロープウェイ山頂駅〜坪庭遊歩道〜横岳登山口分岐〜北横岳ヒュッテ(45分)


坪庭遊歩道入口

まず、観光客に混じって坪庭自然園の左回りの整備された散策コースを歩きます。「坪庭」は、奇岩の溶岩台地です。コース途中で左側に分かれ、横岳への登山道に入ります。やがて、周りがシラビソが多い原生林になります。途中、左手に、木々がしま模様に枯れる縞枯しまがれ現象が見られます。縞枯は、いまだ科学的に完全に解明されていない不思議な現象です。
橋を何度か渡り、階段の付いている急坂を登ると、北横岳ヒュッテに到着します。

北横岳ヒュッテ〜横岳北峰山頂(20分)


北横岳ヒュッテ

北横岳ヒュッテは、昔からの山小屋らしい外観の山小屋です。周囲には、ありがたいことに、誰でも使えるテーブルと椅子が用意されていて、休憩や食事に重宝します。ヒュッテからは、登りがきつくなりますが、15分で南峰に到着します。南峰からは、隣の蓼科山と、見晴らしが良ければ、北アルプス乗鞍岳・中央アルプス駒ヶ岳・南アルプス北岳などが見えます。南峰からは、楽に5分ほど歩いて、山頂の北峰に着きます。

山頂〜北横岳ヒュッテ〜七ツ池〜三ツ岳分岐〜ロープウェイ山頂駅(45分)(または、三ツ岳〜雨池山 オプショナルコース、2時間半)


三ツ岳へのコース

山頂からも、八ヶ岳連峰など、360度の大パノラマが楽しめます。北横岳ヒュッテに戻ったら、左に下りる道から、数分で「七ツ池」に立ち寄れます。ヒュッテから元の道をたどると、三ツ岳・雨池山への分岐があります。そっちを回って坪庭に戻ることができますが、こちらのコースは、分岐点にある標識にも書いてあるように、割れ目のある大きな岩場と急坂の連続で、中〜上級者向けです。登山初級者や急ぐ方は、元来た道をたどって坪庭に戻ります。

北横岳軽登山コース地図
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第250号)

八ヶ岳の他の山の登山コース

この他、阿弥陀岳(南八ヶ岳)や縞枯山(北八ヶ岳)などにも登れます。

近郊のおすすめスポット

ロープウェイ乗り場横に、世界最高所にある水族館蓼科アミューズメント水族館があります。

ビーナスラインで水族館に行く途中に、蓼科湖があり、その先の蓼科温泉で日帰り入浴もできます。
その他、蓼科山八千穂高原自然園・白駒池のページをご覧ください。


執筆者:松尾

近くの宿

宿を検索中...
←前のコースへ 次のコースへ→
南信のトップへ