森将軍塚古墳〜有明山

森将軍塚古墳と周囲の眺望
森将軍塚古墳と周囲の眺望
所在地 千曲市
歩行開始地点(地図)までの所要時間 長野道更埴こうしょくICから5分
上信越道屋代バス停から徒歩5分またはしなの鉄道屋代駅から徒歩25分・長野電鉄東屋代駅からは徒歩20分
最高到達地点の標高 652m(有明山)
参考になるWebページ http://chikuma-kanko.com/modules/knavi/index.php?&cid=1(千曲市観光協会)
http://www.city.chikuma.nagano.jp/app/kofun/(千曲市森将軍塚古墳館)
現地付近のライブカメラ http://www.yashiro-y.or.jp/live/Live_ksk2.html

森将軍塚古墳は、古墳時代の4世紀に築かれた古墳を発掘復原したもので、ふもとの「科野の里しなののさと歴史公園」に建てられている森将軍塚古墳館・長野県立歴史館と共に、遠足や散策に格好のコースです。毎年11/3には「森将軍塚まつり」が開かれ、古代の大王の行列が見られ、公園内の「科野のムラ」で収穫したお米のお餅がふるまわれたりします。
科野の里歴史公園から森将軍塚古墳を経て有明山に至る遊歩道は、千曲川などの眺望も素晴らしく、古墳見学と手軽な里山ハイキングができるコースで、地元の方もよく登っておられます。森将軍塚古墳までは専用バスで上ることもできます。
なお、「有明山」という名前の山はあちこちにあり、信州では、安曇野にある有明山が、より有名です。

アクセス

  • 更埴ICを出て、国道18号上田方面に右折
  • 「栗佐」交差点を左折し、新幹線の高架をくぐる
  • 高速道路の高架の手前、左にあんずの里物産館とアグリパークがある地点で、その向かいの長野県立歴史館・森将軍塚古墳館・科野の里歴史公園の方に入って駐車

電車・高速バス

しなの鉄道屋代駅・長野電鉄東屋代駅・上信越道屋代バス停から、あんずの里アグリパーク/長野県立歴史館/森将軍塚古墳館/科野の里歴史公園方面に、それぞれ徒歩25分・20分・5分

コース案内

科野の里歴史公園入り口〜森将軍塚古墳(約30分)

科野の里歴史公園入り口と案内板
科野の里歴史公園入り口と案内板

右に長野県立歴史館、左に古墳行きのバスの発着する森将軍塚古墳館があります。歴史公園入り口から正面の竪穴式住居の方に歩き出します。竪穴式住居は、山麓から発掘された屋代清水遺跡「科野のムラ」を復元したものです。見物しながら左側に歩き、バス専用の車道を渡り、「くるみの広場」から林の中の登山道「森の小道」に入ります。
けっこう急な登りなのでゆっくり登りましょう。30分ほどで、左前方に、森将軍塚古墳の次に作られた2号墳が見えて来ます。2号墳は、敷地に立ち入ることができませんが、復元されていないそのままの状態で見られます。右側にまっすぐ歩くと森将軍塚古墳に着きます。

森将軍塚古墳〜有明山(約40分)

森将軍塚古墳付近から見る周囲の眺望
森将軍塚古墳付近から見る眺望

森将軍塚古墳は、古墳時代の4世紀に築かれた前方後円墳で、信州の当時の呼び名「科野しなののクニ」の大王の墓とされています。古墳ができた時の様子を推定してきれいに復元されており、100個以上のいろいろな形の埴輪も並んでいます。縦穴式の石室は、日本一のサイズで、ふもとの森将軍塚古墳館で実物大の模型が見物できます。森将軍塚古墳からの眺めは素晴らしく、眼下に千曲川、その向こうに北信五岳の飯綱山などが見渡せます。
時間や体力がない方は、ここまで下山することもできます。森将軍塚古墳の反対側の道を進み、バスの駐車場奥の標識に従って歩くと、有明山まで登れます。道は、落葉樹の落ち葉を踏みしめながら歩け、足に心地よいです。途中、鉄塔の下で道が分岐しますが左側に登る道を選びます。

有明山〜科野の里歴史公園(約50分)

下山路から見た科野の里歴史公園の「科野のムラ」の遺跡
下山路から見た「科野のムラ」の遺跡

有明山の山頂は、樹木が茂っていて残念ながら眺望はありません。下りの途中に、「右 森将軍塚古墳」の標識がありますが、道が整備されていないので元来た道をたどります。バスの駐車場の手前まで戻ったら左に折れ、バス乗り場の所から車道と急な階段の歩道を交互にたどりながら下ります。あんずの木が植えてある「あんずの広場」を左に見ながら下りると、「科野のムラ」の、登り始めた地点とは反対の側に出ます。

森将軍塚古墳〜有明山ハイキングコース地図
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第250号)

近郊のおすすめスポット

あんず祭りのページをご覧ください。

古墳・遺跡は長野県内のここにもあります

森将軍塚古墳館・県立歴史館のページをご覧ください


執筆者:松尾

近くの宿

宿を検索中...
←前のコースへ 次のコースへ→
北信のトップへ