居谷里湿原いやりしつげん

座禅草の花と葉
座禅草の花
所在地 大町市
歩行開始地点(地図)までの所要時間 長野道安曇野IC(旧豊科IC)から約40分または上信越道長野ICから経由約45分(どちらも「オリンピック道路」経由)
稲尾駅より徒歩45分
最高到達地点の標高 約830m
参考になるWebページ http://www.city.omachi.nagano.jp/kbn/00151009/00151009.html

安曇野の北、木崎湖の東の丘陵地に居谷里湿原という湿原があります。幅130m、長さ1500mの規模の低層湿原ですが、湿原植物の宝庫で、県天然記念物にも指定されています。交通の便が良く、木道や遊歩道があり、アップダウンもなくて歩きやすい場所の割には、人が少なくて穴場です。特に、静かな湿原を森林浴と珍しい花を楽しみながらのんびり歩きたい人におすすめです。近年たまに観光バスからお客さんが来ることもあり、徐々に人が増えていますが、信州の湿原の中では、まだまだ訪れる人は少ないです。
居谷里湿原にはいろいろな花が咲き、3月下旬〜5月上旬のミズバショウ・座禅草・コブシの花やブナ・カラマツの芽吹き、6月のカキツバタなどが見所です。ただし、写真撮影などで湿原の中には入るのは貴重な植物の生育環境を傷めるので避けましょう。

アクセス

車(長野道安曇野ICから)

  • 安曇野IC(旧豊科IC)から直進し、「スイス村」を右手に見ながら道なりに進み、重柳交差点を右折
  • 安曇野アートライン〜北アルプスパノラマロード(県道306号・通称「オリンピック道路」)を高瀬川沿いに北上(川沿いなので信号がほとんどなく、快適に走れる)
  • 国道147号との交差点をさらに直進して突き当たり「蓮華大橋南」で右折し、蓮華大橋を渡る。
  • 道なりに行き、木崎湖トンネルを越えて稲尾交差点を右折
  • 山道を登り、居谷里湿原の標識に従って右折すると途中から未舗装路になり、少し行くと湿原入り口の駐車場

車(上信越道長野ICから)

  • 長野ICから白馬長野オリンピック道路県道31号を白馬方面に行き、「ぽかぽかランド美麻」の先の青具交差点を左折
  • 新行トンネルを越えて少し行った交差点を、木崎湖・稲尾駅方面に右折
  • 少し下ってから居谷里湿原の標識に従って左折するとやがて未舗装路になり、少し行くと湿原入り口の駐車場

電車

稲尾駅から東に歩き、居谷里湿原の標識に従って右折。徒歩約30分

コース案内

湿原入り口〜中間点(約20分)

湿原入り口の標識と案内図
居谷里湿原入り口

駐車場から横に標識と案内図があり、木道を歩き始めます。右手奥に鹿島槍ヶ岳が顔をのぞかせています。湿原を横切って突き当たりを左に折れると右手に木々が茂り、林づたいに歩くことになります。左手が湿原で、春ならミズバショウや座禅草がちらほら見え始めます。

中間点〜案内板・ベンチ(約20分)

湿原に一面に咲く白い花と木々、奥に鹿島槍ヶ岳の眺め
湿原に咲く花・奥は鹿島槍ヶ岳

湿原を左手に見ながら進みます。途中の分岐点は左に行きます。湿原をぐるっと周回する形で歩き、2/3周ほどの地点に、「湿原概念図」の案内板とベンチがある所に出ます。湿原の花々やコブシなどの木、その奥に見える鹿島槍ヶ岳の眺望を楽しみましょう。
その先で、湿原入り口の駐車場から直進した未舗装路と合流します。そこで道は二手に分かれますが、左下の「ハンノキの小道」を歩くのが良いでしょう。

ハンノキの小道〜湧き水〜駐車場(約20分)

下から見上げたカラマツの木漏れ日
カラマツの芽吹き

このあたりも木々の中を行く森林浴コースとなります。春なら、写真のような、高山に生える落葉樹の松、カラマツや、ブナの芽吹きが見られます。少し進むと再び未舗装路と合流します。そこに「居谷里一番水」という湧き水が竹の筒から流れ出ています。喉を潤し、水筒やペットボトルに天然水を補給しましょう。ここからは未舗装路を歩いて駐車場まですぐです。

居谷里湿原ハイキングコース地図
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第250号)

近郊のおすすめスポット

この他にも、雪の大谷ウォークの立山黒部アルペンルートなど、大町山岳博物館〜鷹狩山のページ・針ノ木大雪渓のページをご参照ください。


執筆者:松尾

近くの宿

宿を検索中...
←前のコースへ 次のコースへ→
中信のトップへ