高遠たかとうさくら祭り

高遠のコヒガン桜
高遠のコヒガン桜


高遠城址公園「桜雲橋」の桜 ©伊那市観光協会
場所 〒396-0213 長野県伊那市高遠町東高遠 高遠城址公園 地図
日時 4月初旬〜下旬(2017年は4/1〜4/30)の8時〜17時(最盛期は6時〜22時・夜間ライトアップ)
桜が見られる時期は、年により4/5〜4/29頃、満開は4/10〜4/23頃(2016年は平年より早い4/5〜6、満開は4/12頃。2015年・2014年はそれぞれ4/5・8に開花し、満開は4/10・15頃でした。2013年は記録的に早く、4/1開花・4/10頃満開、4/21散り終わり、2012年は遅く4/16開花、4/22満開、4/29散り終わりでした)
料金 期間内のみ城址内は大人500円小中学生250円
期間中来場者数 約35万人
問い合わせ先 Tel. 伊那市高遠町観光協会 0265-94-2552
Web http://takato-inacity.jp/h28/(伊那市高遠町観光協会)
アクセス(車) 中央道伊那ICから国道361号経由約30分・諏訪ICから国道152号経由約50分
※桜の見頃の週末は、渋滞してより時間がかかります。2010年から、渋滞緩和のため、伊那市役所の無料臨時駐車場に止めて、公園まで無料シャトルバスで行けるようになりました。
アクセス(公共交通) 伊那北駅または伊那市駅からバスで約30分,高遠下車


こだわり情報

高遠の桜は、コヒガン桜という種類で、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みが強く、かわいい印象を受けます。1500本以上あり、古くから「天下第一の桜」と称されて全国的に有名で、「さくら名所100選」にも選ばれています。満開時には公園全体が薄紅色に染まり、白いソメイヨシノとは一味違った桜を楽しめますが、全国からの多くの観光バスや観光客で混雑することも覚悟が必要です。特に、西側からの眺めが、雪景色の中央アルプスが背景になり、おすすめです。
高遠に車で来た場合は、混雑度によりますが、可能なら高遠温泉さくらの湯の近くの駐車場に止めて公園まで歩き、帰りに桜を見ながらひとふろ浴びるのが最高です。屋台で伊那名物のローメンを味わったり、おみやげに高遠まんじゅうを買うのも良いでしょう。
高遠の桜の季節の前後約1ヶ月間がイベント「高遠のさくらまつり」の期間で、ライトアップなども行われます。祭りのイベントの中には、以前は、名物の高遠饅頭の早喰い大会も行われていましたが、2007年から「品位に欠ける」ということでやらなくなりました。

もう少し足を延ばせば

高遠城址公園より東の高台に花の丘公園があり、高遠城址公園の桜が散る頃に八重桜など3000本の桜を見られます。
高遠城址公園の北西には、六道の堤というため池があり、水面に映り込む桜が美しく、高遠城址公園のにぎわいを避けて地元の人が静かに桜を楽しむ穴場的場所です。
やはり北西に20分ほど歩くと、江戸時代の商家「旧池上家」などが見られる高遠町民俗資料館にも立ち寄れます。

スタッフおすすめの宿

高遠さくらホテル
高遠城址公園に近く、その名も「さくらホテル」で、温泉の露天風呂につかりながら桜見物できますが、その分、桜のシーズンは早くからいっぱいになります。

伊那プリンスホテル
高遠まで車で30分、伊北ICからすぐの位置にある伊那地区で最も規模の大きい多目的ホテルで、観光シーズンで直前でも予約できます。伊那梅苑や水芭蕉の萱野高原等、他の花も見に行くのにも便利です。'91年に建てられて'02年に改築されたので新しく、宿泊料も5千円〜なので、無難に利用できます。

山野草の宿二人静の部屋

山野草の宿二人静ふたりしずか
高遠まで車で30分の駒ヶ根高原にある、早太郎温泉の和風温泉宿です。駒ヶ岳の観光とセットで楽しめます。'06年に新築された別邸一花一葉いっかいちようは、旅館デザイナーの松葉啓氏によるプロデュースで、美しい客室・極上の食事とサービスの割には価格はそれほど高くなく、人気があります。

桜は長野県のここでも見られます

春が遅い信州(長野県)では、4月上旬〜下旬にかけてあちこちでいろいろな種類の桜が楽しめます。その中でも、以下がおすすめです。

飯田市の「安富桜」や阿智村の「黒船桜」など、南信州の一本桜の名木のページもご覧下さい。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
南信のトップへ