諏訪湖祭湖上花火大会

諏訪湖から打ち上がる花火と周辺の夜景
諏訪湖祭湖上花火大会と諏訪湖の全景
※写真は全て諏訪市のご提供です。
場所 諏訪湖畔公園近くの 初島 地図 から花火打ち上げ
日時 8月15日 19時〜20時45分(雨天決行)
料金 一部席有料(2500円(小学生以下1000円)〜5000円(20人用マス席の1人分))
来場者数 約50万人
問い合わせ先 Tel. 諏訪市観光課 0266-52-4141
Web http://www.suwako-hanabi.com/kojyou/
アクセス(車) 中央道諏訪ICから約20分(交通規制あり)+(臨時)駐車場の待ち時間+駐車場から徒歩
アクセス(公共交通) 見物場所により、上諏訪駅または下諏訪駅より徒歩約10分〜数十分


こだわり情報

諏訪湖上の2つの半円形の花火と1つの打ち上げ花火
水上スターマインと打ち上げ花火
諏訪湖面のナイアガラと打ち上げ花火
大ナイアガラ

諏訪湖の花火大会は、一日の打ち上げ数が約4万発という日本最大の規模を誇る信州の夏の風物詩です。参考までに、東京の隅田川の花火、三尺玉で有名な新潟の長岡の花火、以前12万発と発表されていた大阪のPL教団の花火は、いずれも2万発です。
信州は昔から花火師が多い土地で長野県の花火生産額は日本一のため、諏訪湖の花火は、技術的な水準が高いです。
また、湖面に映る花火を見られるので「花火が2倍楽しめる」と言われます。特に、水上スターマインは、尺玉などの大花火が、諏訪湖の湖面に直径300mもの半円を作る珍しいものです。諏訪湖を一周するような全長約2kmの大ナイアガラも見ものです。2004年からは打ち上げ花火50〜60連発も行われるようになりました。諏訪湖の花火大会は、終戦の4年後に「敗戦ですさんだ心を癒し、希望につなげよう」と終戦記念日に行われるようになり、花火の前に戦没者への黙祷があります。

諏訪湖の花火大会は、ちょうどお盆の観光と帰省の時期に開かれることもあり、高速道路のサービスエリアも諏訪湖周辺の道路も大混雑するので、できれば車は避け、かなり早めに移動する必要があります。駐車場は当日朝9時に開きますが、前日の夜から並びます。
2013年の大会は、ゲリラ豪雨に見舞われ、史上初めて途中で中止となりました。

諏訪湖の花火が見やすい場所は?

花火打ち上げ場所の間近、上諏訪駅から徒歩10分の湖岸道路沿いで、有料席かホテルなどで見られればベストです。そうでなければ、湖岸道路は通行止めになるので、歩道に腰かけて見ることができます(車道は、緊急車両の通行のため、座ったり立ち止まることが禁止されています)が、街路樹が少し邪魔になります。また、帰りの上諏訪駅は大混雑して入場制限され、1〜2本電車を待つことになります。道路は、一般道も高速道も帰省とも重なり大混雑します。
花火の打ち上げ場所から少し離れた下諏訪や諏訪湖の南側の湖畔ならゆったり腰を下ろして見ることも可能です。ただし、最後の大ナイアガラは、場所によっては斜めに見えたり煙しか見えなかったりします。諏訪湖の対岸の岡谷からは、かなり遠くなってしまいます。
小高い場所からなら場所は少し離れてもよく見え、比較的すいています。中でも、上諏訪駅近くの立石公園は、特に花火と諏訪湖がよく見える場所ですが、朝5時頃からカメラマン達が場所を確保します。信州の地元では、「高ボッチ高原の山頂からちょっと東に下り、諏訪湖の見える斜面に腰を降ろして見物するのが一番」という人もいます。

諏訪湖祭湖上花火大会のチケットは

有料席のチケットが、8/1・当日朝の2回、諏訪市文化センターなどで発売されます(マス席とブロック指定席はハガキで申し込み6月に抽選)。チケットを事前に購入すると、当日朝から場所取りしたり、混雑の中で立って見たりすることを避けて楽に花火を楽しめますが、諏訪市の発売場所では、観光業者などが数日前から列を作って並び、発売と同時に売り切れることが多いです。

スタッフおすすめの宿

下諏訪温泉ぎん月の部屋

下諏訪温泉ぎん月
国道20号や下諏訪駅から近い旅館「神の里・信州しもすわ温泉ぎん月」は、ヒノキの香りのするあずまや風の露天風呂が風情があります。郷土の食材を使った料理は、コンテストで何度も受賞しています。

B&B めぐハウス ZuKuの外観

B&B めぐハウス ZuKu
朝食付き3000円(税別)から泊まれる安宿でありながら、建物は約100年前に建てられた民家です。ホテル・旅館とはひと味違う日本の大正・昭和初期の一般家庭の雰囲気を味わえます。一人・カップル・ペットも歓迎。英語ができる女将さんで、外国人もWelcomeな宿です。

諏訪湖の花火大会の日は、花火を部屋や近くから見られるホテル・旅館は、特別プランで1部屋数十万円し、1年前から予約が入る所も多いです。

諏訪湖の花火大会は他にも

花火大会は長野県内のここでも開かれます

この他に、灯ろう流しと一緒に行われる花火大会は、市田灯篭流し大煙火大会のページをご覧ください。また、信州の秋の花火大会については、長野えびす講煙火大会のページをご覧ください。

※茅野市運動公園 茅野商工会議所納涼花火大会は2012年から、軽井沢町レマン湖レイクニュータウン花火大会は2007年から中止されています。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
南信のトップへ