信州なかのバラまつり

中野バラ祭りのピンク・赤・白のバラ
なかのバラまつり(中野市提供)
場所 中野市 一本木公園(地図)など
期日 5月下〜6月中旬(2017年は5/27〜6/11ですが、見頃が終わらず6/18まで出店等のイベントを延長 ※2016年時は開花が早く5/21にプレオープンしました)8時半〜16時
※2006年の場合、花の見頃は6月25日頃まででした
2008年から、10月中旬にも「秋のバラまつり」が開催されるようになりました(2016年は10/8〜16でした)。
料金 一本木公園入園料(開催協力金)500円
問い合わせ先 Tel. 中野市 バラまつり実行委員会事務局 0269-22-2111
Web http://www.ipk-rose.com/
アクセス(車) 上信越道信州中野ICより約10分の特設駐車場(中野市多目的防災広場)から無料シャトルバス約10分
アクセス(公共交通) 長野電鉄信州中野駅から無料シャトルバス約10分または中野松川駅から徒歩5分


こだわり情報

バラの名所は信州のあちこちにありますが、中でも、中野市の一本木公園は、850種2500株の世界中のバラ(年々増えてます)が植えられていて、別名「ばら公園」と呼ばれます。初夏の薔薇のシーズンに開かれる「バラ祭り」も人気があり、県内外から多くの人が訪れ、薔薇の鑑賞や購入でにぎわいます。期間中は、一本木公園内で切りバラ・苗木・バラを使ったアイスクリームなどが販売されます。以前は入場無料でしたが、2009年から入園料を取るようになりました。
一本木公園の外でも、中野市街地のあちこちでコンサートやコンテストなどが開かれ、中野ひな市と共に、中野市ならではの一大イベントです。

もう少し足を延ばせば

バラは信州のここでも見られます(一番の見頃は6月)


豊科近代美術館のバラ

※佐久市にあったメアリーローズガーデンは、2009年に閉園しました。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
北信のトップへ