信越麺戦記


信越麺戦記Part5首都圏東北の章会場
場所 イオン(旧ジャスコ)南松本店駐車場東側 地図
期間 4月下旬〜5月上旬(2017年は4/21(金)〜5/7(日)
料金 入場無料・ラーメン1杯750円(前売り券700円)
来場者数 延べ数万人
問い合わせ先 Tel. イオン南松本店 0263-29-2316
Web http://mensenki.naganoblog.jp/
アクセス(車) 長野道松本ICから国道158号・19号経由約15分または長野道塩尻北ICから国道19号経由約15分
アクセス(公共交通) 南松本駅から徒歩10分


こだわり情報


信越麺戦記Part5出店
無鉄砲(京都)「限定」黒とんこつラーメン

信州の麺文化といえばソバですが、冬が厳しい土地柄のためか、美味しいラーメン屋もたくさんあります。「信越麺戦記」は、2009年から松本のイオンで開催されているラーメンのイベントです。

1回目は、「信越」のタイトル通り、信州と新潟のラーメン店が出店しましたが、2回目から順に「北陸の章」・「中京の章」・「首都圏攻防の章」・「首都圏東北の章」・「ご当地決戦の章」として、長野・新潟以外の東京などの人気ラーメン店も出店しています。
2014年は、4/25〜5/1が「前半戦」、5/2〜5/8のGWが「後半戦」、その後5/9〜11は長野県内のラーメン店の店主で組織する「信州麺友会」の戦いとなっていて、出店するお店が完全に入れ替わるので、それぞれ別の味が楽しめます。


信越麺戦記Part5出店
中華蕎麦とみ田(千葉)つけ麺

4〜5月の早春の信州の屋外の駐車場で行われ、調理も食べるのも仮設のテント内で、器も1回用の発泡スチロールのものなので、日によって寒かったり風が強くて器が飛びやすいというデメリットはありますが、各お店のテントの前でラーメンができるのを並んで待つ間、店主がラーメンを豪快に作るのを見られるという面白さもあります。1杯の量はお店で食べるよりは少ないです。

以前は、長野県のラーメンのイベントといえば、長野市で「信州ラーメン博」・「ラーメンファンタジスタ」・「信州麺バトル」などが行われていたのですが、それらがなくなり、「信越麺戦記」が信州での唯一のラーメンのイベントとなっています。

「信州ラーメン博」について

2005年から2009年まで長野市で行われ、第1回から、全国各地を食べ歩くラーメンマニアを含む6万人ものお客さんが訪れて大成功を博し、北陸ラーメン博や札幌のラーメン祭りなど、全国各地でラーメンのイベントが開催される契機となりました。信越麺戦記より規模が大きく、松本のそば祭りに匹敵する、全国の数十軒のラーメンを食べ比べできるイベントでした。

信州のラーメン屋のリストは

リンク集 - グルメの「ラーメン屋」のページをご覧ください。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
中信のトップへ