いいだ人形劇フェスタ

人形劇フェスタ
人形劇フェスタの一コマ(実行委員会提供)
場所 飯田人形劇場(地図)・隣接する飯田文化会館他 飯田市内約100会場
期間 8月第1火曜〜日曜(2017年は8/1〜/6)の6日間(2013年までは4日間でした)
料金 参加証ワッペン(3歳以上)700円+一部の公演は別途有料(大人800円〜2800円)
期間中来場者数 約4万人
問い合わせ先 Tel. 実行委員会 0265-23-3552
Web http://www.iida-puppet.com/
アクセス(車) 中央道飯田ICから国道153号経由約10分・松川ICから約25分(飯田人形劇場まで)(上記Webページに詳しい順路が記載されています)
アクセス(公共交通) 飯田駅から徒歩10分(飯田人形劇場まで)


こだわり情報


全公演に必要な参加証ワッペン

いいだ人形劇フェスタは、南信州の「人形の街」飯田市で開かれる日本最大の人形劇の祭典で、海外の人形劇関係者や人形劇ファンにも知られています。1979年に少数の一座による劇で始まり、今では、4日間に渡って400もの人形劇が催され、約4万人の人々が参加する大きなイベントに成長しています。
国内外から150を超える人形劇団が、伝統的な人形芝居から新しいオブジェを使った現代人形劇・パントマイム・腹話術まで、あらゆる様式の劇を上演し、子どもだけでなく大人も感動し、楽しめます。特に、「ミッドナイトシアター」や海外の劇団の劇は大人向きです。
多くの人形劇は、周辺地域の小さな公民館や集会所などで無料で行われ、市民と人形劇団が交流しながら、一緒に祭典を運営しています。そのため、「ふるさとイベント大賞」の優秀賞など、町おこしイベントの成功事例に与えられる賞もいくつか受賞しています。
2013年は特別に「いいだ人形劇フェスタ2013・アジア人形劇フェスティバル」として6日間行われ、好評で、2014年も6日間行われることになりました。


人形劇パレード(実行委員会提供)
また、人形劇だけでなく、体験型のワークショップや、期間中に行われる夏祭りの「飯田りんごん」の日に、人形使いが大小の人形を持って沿道の市民にパフォーマンスをしながら飯田の中心市街地を練り歩く、楽しい「人形劇パレード」も行われます。
会場は、飯田市中100以上もの場所で催され、どこのどの劇を見るか迷います。人形劇フェスタ本部の置かれる飯田市中心部のセントラルパークでは、テント特設ステージで毎日公演があり、地元の特産物の屋台もあって、ここだけでもフェスタが楽しめます。

もう少し足を延ばせば

竹田扇之助記念国際糸操り人形館で、300年以上の歴史を持つ「竹田人形」を間近で見られます。飯田市街地には、2007年にオープンした川本喜八郎人形美術館もあります。

人形劇や子供向けの演劇のイベントは長野県のここでも開かれます

この他、子どもの体験イベントについてはネイチャリングフェスタのページをご覧ください。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
南信のトップへ