いいやま菜の花まつり

菜の花と千曲川
菜の花と千曲川(2004年)






朧月夜音楽祭のステージ(2011年)
場所 〒389-2322 飯山市瑞穂495-1 菜の花公園 地図
期間 5月連休(毎年5/3〜5/5)
菜の花は祭り期間の前後4月下旬〜5月中旬頃まで見られます
満開は年によって変わり、2012年は5/10〜5/20頃です
料金 無料(駐車協力金 普通車500円)
期間中来場者数 数万人
問い合わせ先 Tel. 実行委員会 0269-62-3111
Web http://www.city.iiyama.nagano.jp/nanohana/index.htm
アクセス(車) 上信越道豊田飯山ICから国道117号経由約20分(3つ目の橋「大関橋」を渡りすぐ右折)
連休中で駐車場が満杯の時は、大関橋を渡って左折して少し行ったところの駐車場からシャトルバスで会場へ
アクセス(公共交通) 飯山駅から野沢温泉方面バスで約20分「湯の入荘入口」または「神戸入口」下車徒歩5分
乗車時間が合えば、連休期間中だけ走る菜の花周遊バスが便利です。菜の花まつり会場の他に野沢温泉を回るルートがあり、2010年は、菜の花公園から戸狩温泉に行くルート、さらに鍋倉山に行くルートもあります。


こだわり情報

飯山の菜の花畑は、「菜の花ばたけに入り日薄れ..♪」と唱歌「おぼろ月夜」に歌われた場所で、残雪の山々と優雅に蛇行する千曲川をバックにして、素晴らしい写真が撮れるスポットです。写真を撮らなくても、800万本もの一面の黄色の菜の花畑を見ると2〜3日目に焼きつくと言う人もいます。菜の花の迷路も楽しめます。5/4には、野外ステージで県内外の音楽団体が演奏する「朧月夜音楽祭」も開かれます。
長野県のサンセットポイントに選ばれている夕暮れの景色も見事です。祭り期間をはずしてその前後に来れば、演奏や野点のだて(お茶席)などのイベントはありませんが、混雑を避けることができます。

菜の花公園の菜の花は・・

菜の花は、菜種油を取るアブラ菜の花が一般的ですが、この地域では信州らしく、野沢菜の花です。菜の花祭りでは野沢菜の茎の漬け物も試食や販売をしています。ちなみに、野菜として食べる小松菜なども収穫せずにほっておくと見事な菜の花になります。

もう少し足を延ばせば


阿弥陀堂
  • 美術館:国道117号を長野市方面に10分ほど走ると、人気の高橋まゆみ人形館があります。
  • 桜:高橋まゆみ美術館の国道の向かい側にある飯山城趾は、桜と水仙の名所です。
  • 温泉:野沢菜や無料の外湯で有名な野沢温泉があります。公園前の県道38号を北に20分程行くと着きます。
  • 阿弥陀堂:映画「阿弥陀堂だより」のロケ地で、美しい棚田の風景も見下ろせる阿弥陀堂に車やバスで10分の距離です。

  • 直売所(道の駅):国道117号沿いに花の駅 千曲川があります。

スタッフおすすめの宿

残雪とブナの芽吹きツアーのページをご覧下さい。

菜の花は信州のここでも見られます

※リンク先はすべて信濃毎日新聞名所ガイドです。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
北信のトップへ