堀越まつたけ観光

まつたけ観光の松茸料理とそれを食べるお客さんたち
堀越まつたけ観光の様子と松茸料理
(豊丘村商工会提供)
場所 豊丘村 堀越地区 堀越区民会館 地図
日時 9月下旬〜10月下旬(松茸の採れる時期に合わせて行われます。仮予約は例年9/1から受付です。
開催は、通常10/1からで雨量や気温に左右される松茸の収穫量により大きく変わります。2016年は早めで9/26から始まりましたが、その後収穫量が少なく、10/6に受付を終了しました。2015年も早めに獲れだして最初は豊作で9/26〜10/25の予定でしたが、10月になって収穫量が激減し、10/5に予約受付を打ち切り、10/18に終了しました。
時間:午前11時半〜午後6時半ラストオーダー
料金 11000円・7000円・5000円の3種類のコース(完全予約制)
期間中参加者数 約3500人
問い合わせ先 Tel. 交流センター「だいち」 0265-34-2520(9月)
堀越まつたけ観光 0265-35-5256(10月〜)
Web http://www.horikoshi-matsutake.jp/matsutake_kankou.html
アクセス(車) 中央道松川ICまたは飯田ICから国道153号経由30分
アクセス(公共交通) 市田駅からタクシー15分


こだわり情報

多くの日本人が大好きな秋の味覚といえば「松茸マツタケ 」。信州は、松茸の生産量が全国トップ(平成18年〜)で、中南部にいくつか産地があります。その中でも、南部の下伊那郡豊丘村は、赤松林が多く、赤松が「村の木」に指定されているほどです。その林から、毎年秋に、香り・歯ごたえとも良質で「日本一」とも言われる高級松茸が収穫されます。
その地元産松茸のみを使ったぜいたくな松茸料理を味わう「堀越まつたけ観光」は、30年以上前から続くイベントです。半分以上がリピーターのお客さんということで、人気のほどがわかります。
堀越まつたけ観光は、完全予約制で9月から予約を受け付けており、例年10月初めから食べられますが、松茸の収穫は、気温や雨が降るかどうかに左右され、収穫できない日はキャンセルになるので、10月の連休ごろ〜中旬頃の予定で予約する方が安全です。
2014年は残暑がなかったためピークが早めで、10/13に、2013年は最初は豊作でしたが、その後雨が降らず10/15に終了しました。
2012年は松茸が不作のため、開始が延期されて10/9、途中中断し、10/22に前倒し終了になりました。
料理は特・松・竹の3コースあり、焼マツタケ・マツタケのすき焼き・マツタケご飯などのフルコースでを味わえる特コースが一番人気です。

松茸の命である「香り」は、外国からの輸入品では移送中に薄れてしまいます。地元で獲れた最高の味を一度味わって見て下さい。
※松茸以外のきのこ狩りツアーやキノコを味わえる場所、最近の松茸などのキノコの良く出た年の情報は、秋の紅葉ときのこ狩りツアーのページをご参照下さい。

もう少し足を延ばせば

松茸料理は信州のここでも味わえます

数本の掘りたての松茸
掘りたての松茸
(飯伊森林組合提供)

信州では、松茸は、信州南部の飯田市周辺や東部の上田市の里山が名高い産地ですが、他にもいくつかの場所で採れます。以下の、観光施設や宿泊施設などで地元産の松茸料理を楽しめます。

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
南信のトップへ