国宝松本城氷彫フェスティバル


氷彫フェスティバルのコンテスト参加作品(2011年)
場所 松本城公園 地図
期日 1月中〜下旬の週末(2017年は1/19〜22)10時〜16時。氷彫コンテストの作品制作は1日目午後6時〜2日目朝6時
料金 無料
問い合わせ先 Tel. 松本市観光温泉課 0263-34-3000
Web https://migoro.mcci.or.jp/feature/feature/event
アクセス(車) 長野道松本ICから国道158号経由約15分
アクセス(公共交通) 松本駅からバス5分または徒歩約15分


こだわり情報


子どもに人気の恒例の氷の滑り台

最低気温が−10℃前後にもなる真冬、信州で氷の彫刻を制作して展示するイベントが開かれます。その一つが松本城で行われる「氷彫フェスティバル」で、長野県内外から十数組の氷彫刻家の職人たちが、寒い中、夜を徹して氷で彫刻を制作してコンクール形式で腕を競います。制作された氷の彫刻は、松本城をバックに屋外で展示され、人々を魅了します。
氷彫の展示以外にも、氷の滑り台や、ダンスパフォーマンスなどのショーも行われ、子ども連れに人気があります。 土曜日はコンクール作品ではない氷彫の展示と、氷像作りの実演制作が見られ、コンテストの作品は、夕方から日曜日の早朝にかけて制作されます。制作された氷の彫刻は、気温が上がると徐々に透明度がなくなり、溶けたりひび割れたりしてしまうので、日曜の朝早めに見る方が綺麗です。
2014年は松本城に「デジタル掛軸」アートのプロジェクション(投影)も行われました。

温暖化と、パーティなどでの氷の彫刻の依頼が減少したためもあり、全国的に氷彫のイベントが減っています。軽井沢の氷彫刻国際展がなくなり、松本の氷彫フェスティバルは、野外で氷の彫刻が見られる貴重なイベントです。松本の氷彫フェスティバルも、以前は氷彫の数がもっと多く、松本城以外でも展示していました。2017年でコンテストが最後といったん決まりましたが、イベント内容を練り直して存続される見込みです。

氷の彫刻は信州のここでも見られます

マンモスの氷像
旧白樺湖氷燈祭の氷像
(茅野市観光連盟提供)


近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
中信のトップへ