野沢温泉道祖神祭り(野沢の火祭り)

道祖神祭りの炎上する社殿
炎上する社殿(Zac Craven氏提供)
場所 野沢温泉村 馬場の原(中央ターミナルから南に下り、観光タクシーの所を右に入る) 地図
日時 1月15日 19時〜23時頃(クライマックスの火付けは20時半以降)
料金 無料
来場者数 約6000人
問い合わせ先 Tel. 野沢温泉観光協会 0269-85-3155
Web http://www.nozawakanko.jp/spot/dousozin.php
アクセス(車) 上信越道豊田飯山ICから国道117号経由約25分
アクセス(公共交通) 長野駅からバス1時間15分または戸狩野沢温泉駅からバス20分


こだわり情報

小正月に、正月の締め飾りなどを焼く「どんど焼き」と呼ばれる行事は、少なくとも平安時代から、日本各地で行われて来ました。信州では今もあちこちで行われ、松本地方では「三九郎」、南信州では「おんべ」と呼ばれて市街地でも行われます。
野沢温泉の道祖神祭りもその一つですが、壮大な規模で行われることで有名で、日本三大火祭りの一つに数えられ、国の重要無形民族文化財に指定されています。
13日に、御柱祭のように、山から高さ20メートルもあるブナの木を運び、15日までに社殿が作られます。15日の19時頃、火打ち石で採火した火を、たいまつにつけて運び、20時に花火が打ち上がり、火祭りが始まります。社殿に火をつけようとする側と、守ろうとする側との白熱した攻防戦です。社殿に火が入って燃え上がる22時半過ぎ、祭りは最高潮に達します。

もう少し足を延ばせば

野沢温泉の無料の外湯めぐり・野沢菜などを洗うことで有名な麻釜おがま見物・歴史のある野沢温泉スキー場でのスキーなどをお楽しみください。

火祭りは信州のここでも行われます

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
北信のトップへ