安曇野アートライン サマースクール(ちひろ美術館ワークショップなど)・夜のミュージアム


ワークショップのひとコマ
(写真提供:安曇野ちひろ美術館)
場所 長野県松川村 西原 安曇野ちひろ美術館地図)など他安曇野各所
期日 7〜9月上旬で美術館により異なる(2018年は、ちひろ美術館がワークショップを8/1〜16に開催の他、美術館により、7/14〜8/24の夏休み期間と8/31〜9/2・17に開催)
夜のミュージアムは、2018年は、美術館により7/22・8/10〜19・25・9/2に開催
料金 ちひろ美術館ワークショップは2018年は200円など
参加人数 延べ2万5千人
問い合わせ先 Tel. 安曇野アートライン事務局・安曇野ちひろ美術館 0261-62-0772
Web http://azumino-artline.net/(安曇野アートライン)
https://chihiro.jp/azumino/events/(ちひろ美術館)
http://apm.musabi.ac.jp/old/azumino/(安曇野アーツプロジェクト)


こだわり情報

安曇野は、美術館が多く陶芸家やガラス職人などアーティストが多く移住した場所です。「安曇野アートライン」は、安曇野の6つの市町村にまたがる美術館約20館の協議会で、夏休みの観光シーズンにサマースクールと題して各館でイベントを開催します。
安曇野の美術館の中でも人気の高い安曇野ちひろ美術館では、毎年、武蔵野美術大学の学生や地元松川村の中学生などのボランティアによるワークショップが行われます。以前は「ちひろの水彩技法体験!」・「畑に集まれ!"お野菜たんけん"始まるよ」・「チョキチョキ、ペッタンただいま安曇野はりかえ中!」・「村にとびだせ!!イロイロワイワイ色職人」など年ごとに楽しいタイトルが付けられていました。
他にも、豊科近代美術館・安曇野ジャンセン美術館・北アルプス展望美術館など安曇野アートライン加盟の10数ヶ所の施設で、写生大会・セミナー・コンサート・朗読会・展覧会などが行われ、各館が工夫を凝らして地域に根ざした生涯学習の場を提案します。
また、2007年から「夜のミュージアム」と称して、諏訪地区の「諏訪の長い夜」にならった、通常は開館していない美術館・博物館が一斉に夜間開館するイベントも行われています。美術館により、ミニコンサートも行われます。

美術館共催のイベントは信州のここでも開かれます

近くの宿

宿を検索中...
←前のイベントへ 次のイベントへ→
中信のトップへ