信州とっておき情報 - 旬のトピックバックナンバー- 2015年夏

2015年6月

ヒマラヤの青いケシ・ラベンダー・アヤメ・アジサイ・・青い花々たちの季節(6/9)


タングラム斑尾ラベンダー園

今日から梅雨。でも、晴天率の高い信州は、梅雨でもからっとしています。
南信州大鹿村では、ヒマラヤの青いケシが開花しました。信州各地のラベンダー園ではラベンダーが開花。安曇野では、あやめまつりがもうすぐです。雨の多い時期に青い花が多いのは偶然なんでしょうか。

ところで、長野県では、この6月からしあわせ信州ふるさと割のクーポン券の販売が開始しています。国の補助金を利用して、宿泊料金の5,000円割引クーポンが使えたり、銀座NAGANOや、Yahoo!ショッピング内のNAGANOマルシェで、長野県産品の一部を30%オフで購入できます。

2015年7月

夏山登山&ハイキングシーズンが幕開け♪気になる火山情報(7/14)


登山コースから見た浅間山

長かった梅雨が終わると、夏山の登山&ハイキングシーズン。
昨年の紅葉のピークシーズンに噴火して多くの方が犠牲になった御嶽山でも、例年通り山開き・安全祈願が行われました。御嶽山の火山活動は落ち着いて、「警戒レベル」が3から2に引き下げられ、9合目まで登れるようになりました。
一方、浅間山と、長野・群馬県境で志賀高原に近い草津白根山が、警戒レベルが1(平常)から2(火口周辺規制)に引上げられ、浅間山は外側の外輪山「黒斑山」までしか登れなくなり、白根山はエメラルドグリーンの「湯釜」が見学できなくなりました。
長野県内と県境には、その他にも活火山とされている山が8つありますが、常時噴煙が見られる上高地の焼岳を含めて警戒レベルは1で、火山活動の予兆は今のところありません。

猛暑を避けて、信州の標高の高い山や高原に行きたくなる季節。噴火だけでなく、滑落・落雷の事故や道に迷っての遭難などにお気を付けて、山歩きをお楽しみください。

2015年8月

信州の8月は音楽とゲージュツの季節のSTART(8/14)


サイトウ・キネン・オーケストラ(2004年時)

好天が続き、今年は登山には嬉しい夏、下界は猛暑がやっと一段落です。
夏休みでたくさんの方が山に里に訪れる8月は、花火などいろいろなイベントも行われますが、クラシックなどの音楽と、美術館のアートのイベントがこれから秋にかけて各地で行われるのが信州らしいところです。
今年から名称が「サイトウ・キネン」から変更されたセイジ・オザワ 松本フェスティバルも〜9/15の日程で始まっています。小澤征爾さんが怪我でオペラのタクトを振れなくなったのは残念な知らせでしたが、今年は、世界の著名音楽人が友情出演する「80歳バースデー・コンサート」も行われます。軽井沢国際音楽祭・木曽音楽祭も8月後半に行われます。
アートは、たくさんの美術館が点在する安曇野と諏訪で、サマースクール・夜のミュージアム諏訪湖まちじゅう芸術祭・諏訪の長い夜が9月まで行われます。

国の補助金によるしあわせ信州ふるさと割は、宿泊料金の5,000円割引クーポン券の抽選が8/20まで受付中、体験料金の2,500円割引クーポンは10/30まで販売中です。9月のシルバーウイークなどの旅行にいかがでしょう♪

←2015年春へ 2015年秋へ→
旬のトピックバックナンバーのトップへ