信州とっておき情報 - 旬のトピックバックナンバー- 2014年春


北アルプスの雪形が見えると農作業も始まります(5/7)

2014年4月

「花桃の里」南信州阿智村に開館した満蒙開拓の平和記念館が人気(4/5)


満蒙開拓平和記念館外観

南信州阿智村の昼神温泉近くに昨年開館した満蒙開拓平和記念館に行って来ました。戦時に国策で旧満州に入植した方々の、死の逃避行・残留孤児・引揚者村などの苦難を伝える唯一の博物館として、開館以来予想を上回る来館者が全国から訪れています。
長野県内には、上田に、こちらも別所温泉の近くに、戦没画学生の遺作等を展示する美術館の無言館があり、やはり戦争の負の歴史遺産として人気があり、2009年から第二展示館もオープンしています。

阿智村は、花桃の里としても知られ、今年も連休頃に美しく不思議なハナモモの花が見られます♪

2014年5月

北アルプスの山開き少なめの残雪でも15mの雪の壁!(5/1)

春の遅かった今年の信州は、水仙菜の花・チューリップ・水芭蕉カタクリ等の花が次から次へと咲いています。

アルプスなど県内の山岳地でもいよいよ山開き♪
アクセス道路の開通・山小屋や施設の営業開始と、今年の山の無事を祈願する開山のイベントも始まっています。上高地では4/27、今年は好天の中、以前より多い3000人もの方が訪れる中、開山祭が行われました。
今年は2月に里で記録的な大雪がありましたが、山の残雪は例年より少し少ないくらいのようです。と言っても長野県北部は世界有数の豪雪地帯。立山黒部アルペンルートの雪の大谷ウォークは、今年も15メートルの雪の壁の中を歩けます。

クラフトフェア・自転車・マラソン・・大人気イベントの続く信州(5/26)


クラフトフェアまつもとの1風景(5/25)

新緑の美しい5月の信州。一昨日と昨日は、日本各地のクラフトフェアのはしりで、30周年を迎えたクラフトフェアまつもとに、全国各地から今年も5万人もの方が集まりました。会場は「博覧会」並みの人出で、笑顔が溢れていました。
5〜6月はクラフトイベントの多い季節。飯田でも初めてクラフトフェアが1週間前に開かれ、1万数千人が訪れました。5/31〜6/1は駒ヶ根高原で「くらふてぃあ杜の市」、 その次の週末は木曽漆器祭も開催されます。


アルプスあづみのセンチュリーライド

この時期は、これも最近人気のサイクリングにもベスト。昨日は「アルプスあづみのセンチュリーライド」が行われ、1700人もの自転車好きの方々が安曇野〜白馬まで最長160kmを快走しました。その前の5/21にはレース「ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージ」が飯田で行われました。6/29にはツール・ド・美ヶ原も開催されます。

ブームの市民マラソンは、涼しい信州では春や夏にも行われて大人気。4月に行われ1万人が参加した長野マラソンの後、5/18には軽井沢のハーフマラソンもありました。10月には、安曇野でも初めてハーフマラソンが行われる予定です。


←2013年冬へ 2014年夏へ→
旬のトピックバックナンバーのトップへ