信州とっておき情報 - 旬のトピックバックナンバー- 2009年冬


城山公園から望む北アルプス(12/10)

2009年12月

ようやく信州の冬らしくなって来ました(12/9)


北アルプス常念岳(12/7)

小春日和の暖かい日が続いていましたが、数日前から温度が下がり、本格的に信州の冬らしくなって来ました。昨日、12月8日は、最低気温が各地で氷点下2℃〜6℃まで下がり、その分、新雪をかぶったアルプスの山々が美しく見えました。
信州各地のスキー場は、雪不足で、12月初めのオープンを延期していた所もありましたが、今週末からオープンするところが増えそうです。
安曇野の白鳥湖や諏訪湖畔などには、今年も100羽以上の白鳥たちが、はるばる北の国から渡って来ています。

いきなり大雪。全面滑走OKになったスキー場も(12/19)


白馬五竜スキー場前(白馬五竜観光協会提供)

前回冬らしくなったと書いた後、また暖かくなって雪がほとんど降らず、スキー場のオープンも、再延期されたところもありましたが、12/16からの大寒波襲来で、北部では大雪となりました。19日時点で、白馬村では71センチ、長野市街地も20cm以上積もっています。
スキー場は、いきなり天然雪でふかふか。一気に全面滑走OKになったところもあります。ホワイトクリスマスを、イルミネーションが有名な軽井沢や、各地のスキー場で、過ごすのはいかがでしょう?

2010年1月

お正月前から雪が降りつづいています(1/3)


美ヶ原温泉の旅館前にて(1/3)

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今年の信州のお正月は、12月中旬から雪が振りやすい状態が続き、最高気温が0〜5℃ぐらいにしか上がらず、寒い日が続いています。元日も曇りや雪で、初日の出はほとんど見られませんでした。
スキー場は、雪が1m以上積もったところが多く、ふかふかの新雪で滑れます。

おぉ寒っ!今年は起きるか?諏訪湖の御神渡り(1/17)


2年前の御神渡り(諏訪市博物館ご提供)

信州らしい寒い冬が続いています。もともと雪が多く雪まつりが開かれる北部の飯山や、スキー場が有名な野沢温泉などでは、1日に1m以上も積もる日もあり、例年の2倍の降雪量を記録している一方、中部の松本や南部の諏訪の平野部では雪はあまり降らず、ただひたすら寒いです(-_-;) 今朝は、今冬一番の-10℃前後の寒さとなりました。
諏訪湖では、昨日、今冬初めて湖面の大部分が薄い氷に覆われました。まだ全面結氷には至りませんが、今年は、暖冬の去年は起きなかった御神渡り現象が起きる可能性があります。御神渡り出現の日にちを予想する御神渡りクイズも応募を受け付けています。

2010年2月

月光に照らされる雪原・灯明に照らされる善光寺。幻想的な信州の冬の夜を楽しもう!(2/7)


今年の長野灯明まつり(2/7)

冬型の気圧配置が続き、雪の日が多い今年の信州。2/1には、満月の翌日に雪が積もり、夜、月光に照らされた雪原がすばらしく美しく見えました。次の満月は3月の1日と30日。蓼科高原では、ムーンライトハイクという、スノーシューを履いて月光だけを頼りに静まりかえった雪面を歩くツアーも行われています。
長野市では、善光寺が五色にライトアップされる長野灯明まつりが昨日から開催されています。ちょうど18cmの積雪の後で、雪とマッチして綺麗でした。今年は日曜日のバレンタインデー、2/14まで開かれるので、幻想的な信州の冬の夜をカップルで楽しむというのはどうでしょう?

春間近♪今年は6年に一度の御柱イヤー(2/23)


御柱体験ひろばでの木遣り唄の披露

早くも寒さが和らぎ、今年は御神渡りは起きず、福寿草祭りの会場では、祭りが始まる3/6を前にして、もう花が咲き始めています。
4年に1度のオリンピックのニュースが巷をにぎわしていますが、ここ信州では、今年は6年(数え年では7年)に一度の「御柱」イヤー。12年前の長野五輪でも披露された勇壮な諏訪大社の御柱祭りが、今年の春、6年ぶりに行われます。地元の諏訪では今から盛り上がっていて、ハイライトの木落とし(4/9〜11)で今回から設けられた有料観覧席の抽選申し込みは、2/19に締め切られ、全国から約3万通が寄せられました。
諏訪湖畔の上諏訪温泉の近くには、「御柱体験ひろば」が設けられ、巨大な御柱の木を見ることができます。

←2009年秋へ 2010年春へ→
旬のトピックバックナンバーのトップへ