信州とっておき情報 - 旬のトピックバックナンバー- 2009年夏

2009年6月

開通した乗鞍エコーラインで見られる10mの雪の壁!(6/7)


乗鞍の雪の壁(6/6)

信州では、春になると、冬期閉鎖されていた道路が開通し、山小屋の営業も再開されます。
日本一標高の高い場所を走るため最も開通の遅い乗鞍の「エコーライン」は7/1に開通しますが、6月には一足先に走るスキー・登山客用の「春山バス」に乗り、道路の両側にできた10mもの雪の壁を見て来ました。
雪の壁ウォークで有名な立山黒部アルペンルートの10〜20mの高さの「雪の大谷」には及びませんが、往復2400円で気軽に「雪の壁」が体験でき、何とも不思議な気分を味わえました。冬に雪の少なかった今年ですが、例年より少し低いぐらいだそうです。
乗鞍高原に下りて来ると、信州の6月の高原を彩るレンゲツツジが咲いていました。

2009年7月

昨年、新名水百選に選ばれた水木沢天然林が人気(7/2)

美しく流れる渓流と林
水木沢天然林の渓流と林

昨年「平成の新名水百選」として、長野県から、まつもと城下町湧水群(松本市)・龍興寺清水(木島平村)・観音霊水(飯田市)と共に選ばれた水木沢天然林(木祖村)。木曽川の源流で、しかも、樹齢200年以上の天然の原生林の中を森林浴できる超穴場的スポットでしたが、一躍名前が知れて今年は観光客が急増しています。
1時間程度で一巡できるコースでお薦めですが、その一方、自然破壊への不安があり「守る会」もできています。決められた遊歩道を静かに歩きたいものです。
なお、1985年に選定された「名水百選」では、長野県から、猿庫の泉(飯田市)、安曇野わさび田湧水群(安曇野市)、姫川源流湧水(白馬村)が選ばれています。

さあ夏休み!にぎわうキャンプ場(7/23)


白馬岩岳オートキャンプ場

14日に例年より早く梅雨明けが宣言された長野県ですが、その後雨が多く、すっきりしない天気が続いています。22日の日食も場所によって雲の間に少し見られた程度でした。風も強いですが、そのため、日によっては涼しい風が吹いて「さわやか信州」を実感できます。
夏休みを迎え、観光地は忙しい時期を迎えました。中でも、高速道路千円で来て、宿泊も安くできるキャンプ場が不況の今年は特ににぎわっています。
霧ヶ峰などの各地の高原では、ニッコウキスゲが見頃です。

2009年8月

夏祭り、花火、人形劇、大道芸で景気づけ!(8/3)


今年の松本ぼんぼんのひとコマ

夏の祭りの季節到来!異常に雨が多い今年の信州で、先週末の長野びんずる松本ぼんぼんも、直前まで雨で開催できるかな?と心配しましたが、みんなの祈りが通じたか、直前に雨が上がり、今年も計3万人が踊り、約40万人が見て楽しみました。
8/15に行われるこちらも恒例の諏訪湖の花火は、不景気にも関わらず協賛金はたくさん集まったようで、期待できそうです。
他にも夏休み恒例の信州のイベントと言えば、8/6からのいいだ人形劇フェスタと9/6の長野市の大道芸フェスティバル。また、今年は、松本でも8/23、中心市街地17カ所で30組が芸を披露する「まつもと街なか大道芸」が行われます。不景気風と冷夏を吹き飛ばしましょう!

新リンゴの季節がやって来た!(8/20)


まだ少し青くて初々しい今年の初リンゴ

お盆が過ぎると、信州は、今年の新リンゴが八百屋に並ぶようになります。雹害のせいで傷のあるリンゴを安く売っていたのを、買って食べてみました。温暖化に加えて今年は日照不足もありましたが、例年通り、ジューシーでサクサクして美味でした♪
この時期は、甘〜いトウモロコシや真っ赤なトマトなどの新鮮な夏野菜と、リンゴやブドウなどの秋の果物が食べられる贅沢な季節。信州に来られた方は、ぜひ、直売所観光農園などでお求めになり、旬の味をお持ち帰りください。

←2009年春へ 2009年秋へ→
旬のトピックバックナンバーのトップへ