信州とっておき情報 - 旬のトピックバックナンバー- 2008年春


守屋山のシラカバやカラマツの新緑(5/17)

2008年3月

3月!春の訪れを告げる福寿草とお雛さま(3/2)


例年の雪割り福寿草

ようやく今年の厳しい寒さも和らいできました。信州で、待ちに待った春の訪れを告げる花といえば福寿草。中南信では、3月に入ると、その福寿草が開花する季節で、松本市四賀や上田市武石では福寿草まつりが開かれます。今年は、冬が厳しく、雪がまだ残っているため、まだ雪の中からつぼみが顔をのぞかせている程度で、1ヶ月近く開花が遅れそうです。満開は祭りの終わり近くの3/20頃の予想。
一方、北信地方では、ひな祭が、春の訪れを告げる行事の一つ。江戸時代から続く中野ひな市やぶらり北信濃ひな巡りが、今年も、旧暦のひな祭の時期の4月上旬まで行われます。

今年の桜は4/12頃開花、4/20頃見頃の予想(3/20)


例年の長野市善光寺雲上殿の桜
(信州写真館提供)

急ピッチで春が訪れています。気象庁の3/19の桜の開花予想などによると、高遠を初めとする信州の主な桜の名所では、今年の開花は4/10〜13頃、見頃は4/20頃。厳しかった冬のため、当初は平年より遅れる予想でしたが、3月の暖かさで平年並みになっています。昨年は春が早く、4/1頃にもう開花しましたが、それより10日ほど遅い花見の時期となりそうです。
梅は各地で咲き始めていますが、7000本の梅林のある伊那梅苑は、やはり平年より遅く、開園が4/5、見頃は4/15〜20頃で、桜と同時に見られるかもしれません。

2008年4月

あんずが一足先に開花、4/12頃見頃の予想(4/6)


例年の千曲市のあんず

全国的に有名な千曲市のあんずが、昨日開花しました。満開は12〜13日の予想です。信州は、ここ数日、夜は場所によりまだ氷点下になるものの日中は暖かく、開花予想より2日早く咲きました。
あんずより少し後に咲く桜は、有名な高遠が4/11、松本と上田は4/10、長野が4/12の予想ですが、それも1〜2日早まるかもしれません。満開はその後1週間ぐらいなので、来週いっぱいが見頃となりそうです。
広い信州では桜の咲く時期も差があります。南の端の飯田では、今満開を迎えています。安曇野のわさびの花信州国際音楽村の水仙も今が見頃です。

今満開!今年は桜が例年になく綺麗!(4/17)


松本城の桜(4/16)

高遠、松本城、上田城などの各地の名所で、今、桜が満開となりました。北信地方の名所、長野市城山公園や臥竜公園ももう1〜2日で満開、たくさんの種類の桜が長い期間咲く東信地方の名所、小諸市の懐古園では咲き始めたばかりだそうです。
今年の信州の桜は、いつになく綺麗です。昨年のように咲き始めた後で厳しい「花冷え」にならず、強風や雨もなくて穏やかな天気だからでしょう。明日から雨の予報ですが、小振りで、週末まで持てばいいのですが。

何かとにぎやかな善光寺と長野市街(4/20)


数年前の善光寺花回廊のハンギングバスケット
(花回廊実行委員会提供)

4/26に長野市街で行われる北京オリンピック聖火リレーの会場提供を辞退して脚光を浴びた善光寺。4/24からは、重要文化財三門の内部が40年ぶりに公開され、2階部分に上れます。
他にも、連休前後は、善光寺と長野市街でイベントが多く、にぎわう時です。今日4/20は第10回の長野マラソン。この時期に信州のいい空気と景色を楽しみながら走れるフルマラソンとして、外国人も含めて人気があります。
4/29〜5/5の連休中は、恒例のながの花フェスタ 善光寺花回廊2008で、「花キャンバス」などで長野市街が花で彩られます。
臥竜公園など桜の名所では今が満開。今年はまだ桜も楽しめます。

2008年5月

GWが終わるとミズバショウの季節♪(5/6)


例年の奥裾花自然園の水芭蕉
(鬼無里観光振興会提供)

今年のGWの信州は、好天にめぐまれ、飯山の菜の花白馬五竜のかたくり、清内路村などの花桃は、ちょうど満開の時期と重なってたくさんの人でにぎわいました。
連休を過ぎてからの見ものの一つが水芭蕉。有名な奥裾花自然園の他、長野市戸隠森林植物園、飯綱町むれ水芭蕉園、斑尾高原沼の原湿原、志賀高原、乗鞍高原居谷里湿原栂池自然園など、信州のあちこちでミズバショウの群落が見られ、咲く時期も高度によって違い、日本で一番遅く開花する栂池自然園では6月下旬まで見られます。
中部日本一の名所、岡谷市鶴峯公園の3万株もの色とりどりのツツジや、喬木村の九輪草も連休明けに見頃となります。

←2007年冬へ 2008年夏へ→
旬のトピックバックナンバーのトップへ