信州とっておき情報 - 旬のトピックバックナンバー- 2007年冬


北八ヶ岳の樹氷(12/15)

2007年12月

早くも雪景色。スキー場開き&野沢菜の季節です(12/1)


お菜とりツアー(中条村提供)

今年は、例年になく冬の訪れが早く、すでに最低気温が氷点下になることもしばしばです。11/23日に長野県北部で60cm近くの雪が降り、11月では初めての大雪警報が出されました。アルプスなどの高い山は早くも雪景色です。今日スキー場開きの行われた志賀高原や白馬地区などの一部のスキー場では、例年より早く一部オープンしています。今年の冬は、スキー・スノーボード、スノーシューを存分に楽しめるかもしれません。
また、この時期は、「霜が何度か降りると柔らかくなる」と言われる野沢菜を収穫して漬ける季節。中条村では恒例のお菜とりツアーが行われています。

新ソバ三昧!ソバ打ち体験、生の戸隠ソバで年越しはいかが?(12/19)



11〜12月は、信州ソバが1年で一番美味しい季節。先日、ソバ打ちをやりました。秋に取れた挽き立ての蕎麦粉を使い、打ちたて、茹で立てで食べる新ソバの味は絶品でした。
蕎麦打ち道場明日香のページに、ソバ打ち体験のできるスポットをリストしてあります。ふるさと体験館きそふくしまでは、年越しソバを自分で打って持ち帰れます。生の戸隠ソバをネットで取り寄せて年越しソバにするのもいいですよ!

2008年1月

山に雪。今シーズンのスキー場はコンディション良好!(1/6)


北アルプス常念岳(1/6)

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
信州では、年末年始の寒波で、山は連日降雪がありましたが、里はそれほど降らず、気温も少し暖かめで、過ごしやすい正月休みでした。
一昨年は記録的豪雪、昨年は暖冬少雪に泣かされたスキー場でしたが、、今シーズンはどこもちょうどいい積雪量で、コンディション良好です!

寒波到来。信州の冬らしくなって来ました(1/19)


高ボッチの樹氷(1/14)

今年も暖冬。諏訪湖も全面結氷せず、御神渡り現象も起きなさそうですが、ここ数日は寒波が訪れ、各地で日中の最高気温が0℃前後の日もあります。
先日と今日、塩尻市の高ボッチ高原と松本市の美ヶ原高原に登山して来ましたが、美しい樹氷や雪の結晶が見られました。
諏訪湖のアイスキャンドル鹿教湯温泉氷灯篭、松本城氷彫フェスティバルのような氷を使ったイベントの時期でもあり、信州の冬らしい気候になって良かったです。

2008年2月

結氷した諏訪湖で、御神渡り現象出現。アイスキャンドルとセットで見られます(2/1)


御神渡り(諏訪市博物館提供)(1/31)

10日ぐらい厳しい寒さが続き、全面結氷した諏訪湖で、2年ぶりに御神渡り現象が起きています。例年は、起きる年はもっと早く起きるため、今年はないと思われていましたが、遅ればせながらの出現です。今日・明日は、諏訪湖畔にアイスキャンドルを並べるイベントふれアイスIN諏訪も行われ、今年は御神渡りと同時に見られます。
木曽の白川氷柱群など、各地で見事に滝が氷結した姿も今年は見られます。

上高地などへのスノートレッキングが人気(2/10)


真冬の上高地から見る穂高連峰(2/2)

最低気温が−10℃にもなる厳しい寒さが続いています。しかし、寒い所は寒い時に訪れるのがいいといいます。
雪もたびたび降る今年の信州。スノーシューを履いて冬の雪の上を歩くスノートレッキングが人気です。先日、真冬の上高地に行って来ました。冬は交通機関がなく、トンネルを歩いて入らなければならないのにも関わらず、1日100人ぐらいの人が入っているようです。蓼科高原では、今年も2/23と3/22にムーンライトハイクが行われます。

←2007年秋へ 2008年春へ→
旬のトピックバックナンバーのトップへ