信州とっておき情報 - 旬のトピックバックナンバー - 2004年冬

北アルプス常念岳周辺と安曇野
'04年12/25日の北アルプス常念岳周辺と安曇野

2004年12月

シベリアから白鳥が飛来して来てます(12/15)

白鳥
犀川ダム湖上空の白鳥

安曇野の犀川のほとりの湖沼に、今年もコハクチョウが飛来しています。12/15現在で、犀川ダム湖に120羽、御宝田遊水池に400〜500羽見られます。水鳥は信州各地の湖沼で見られ、犀川白鳥湖のページで一部を紹介しております。

今年の信州の初冬 と スキー場・クリスマスイベント情報(12/21)

12/13の北アルプスと松本城
12/13の北アルプスと松本城

12月も下旬となり、氷点下になる日もありますが、例年より暖冬で雪が少なく、松本から見えるアルプスも頂上付近だけ冠雪しています。それでも、スキー場は、関係者の努力と、人工雪も使い、続々とオープンしています。まだ、滑走可能な場所が限られますが、その分リフト券などが割安で滑れる所も多いので、親子連れや初心者にはお薦めです。スキー・スノーボードの情報は、志賀高原統一初滑り・スキー場開き祭のページや、SNOWLOVE.NETなどをご覧ください。
クリスマスを迎え、軽井沢などではウインターイルミネーションが美しく、人気です。

2005年1月

北アルプス常念岳周辺と安曇野
'05年1月の北アルプス常念岳周辺と安曇野

冬の信州ならではのイベント・雪の中の露天風呂はいかが?(1/19)

野沢温泉の火まつり
野沢温泉の火まつり(Zac Craven氏提供)

寒い場所は寒い時期に訪れるのが良いと言います。信州の冬ならではのイベントはウインタースポーツだけではありません。盛況の軽井沢のウインターフェスティバルは、クリスマスイルミネーションは終了しましたが、1/30-2/1には氷彫刻大会が行われます。2/4-2/5の諏訪湖畔などのアイスキャンドルもみものです。1/15には日本三大火祭りの一つ、野沢温泉の火まつりも行われました。
また、温泉で雪の中の露天風呂というのも冬の信州の贅沢でしょう。スキー場の帰りにでも楽しんで見たらいかがでしょうか。

白銀の新年の始まり、スキー場の雪も良好です!(1/19)

青木湖スキー場
1月10日の青木湖スキー場

暖冬で雪が少なかった12月でしたが、クリスマス前からの寒波で、新年早々、長野市で44cmの積雪、松本市で−14℃の最低気温を記録し、アルプスの山々もかなり冠雪しています。スキー場にも日々降雪し、関係者の努力やスノーマシンのおかげもあり、ほとんどのゲレンデで滑走可能となりました。スキー・スノーボードの情報は、志賀高原統一初滑り・スキー場開き祭のページや、SNOWLOVE.NETなどをご覧ください。

2005年2月

今年のスキー場は、積雪が豊富でコンディション良好です!(2/1)

開田高原マイアスキー場で、青空と御岳山をバックに滑るスキーヤーとスノーボーダーたち
御岳山をバックに(開田高原マイアスキー場提供)

ウインタースポーツシーズン真っ只中。今冬は、長野市など北信地方や山沿いで雪が多く、県内のスキー場はほとんど全てのゲレンデで滑走可能で、良質の天然雪が楽しめます。スキー・スノーボードの情報は、SNOWLOVE.NETなどをご覧ください。
県内の代表的なスキー場には、志賀高原統一初滑り・スキー場開き祭のページでご紹介している志賀高原・長野オリンピック滑降コースの白馬八方尾根・歴史のある野沢温泉等がありますが、その他にも、写真の開田高原マイアスキー場は、山頂2120mから3200mものダウンヒルが楽しめ、標高が高いため雪質も良く4/3まで長期間営業しています。
かまくらや雪まつり・バレンタインデーのイベントや、第3土曜か日曜を「子供の日」として子供のリフト料金を無料にしているスキー場もたくさんあります。

冬の信州ならではのイベントはいかが?(2/5)

長野灯明まつりゆめ灯り絵展
長野灯明まつり(実行委員会提供)

寒い場所は寒い時期に訪れるのが良いと言います。信州の冬ならではのイベントはウインタースポーツだけではありません。氷の彫刻や氷結した滝も、気温が氷点下10℃まで下がる信州の冬ならでは見ものです。2/5-2/13には、善光寺ライトアップ等の美しいアートパフォーマンス、長野灯明まつりが行われ、盛況でした。

諏訪湖の御神渡りは今年は見られず、信州各地の湖沼では水鳥が泳いでいます(2/18)

白鳥
白鳥(明科町役場提供)

今年も1月末に諏訪湖がほぼ全面結氷し、一昨年・昨年と5年ぶりに2年続けて見られた「御神渡り」現象が起きるかどうか期待されましたが、残念ながら今年は御神渡りは見られませんでした。諏訪湖は今は氷も溶け、北の国から渡って来た鴨や白鳥が優雅に泳いでいます。
また、安曇野の犀川のほとりの湖沼には、今年もたくさんのコハクチョウが飛来しています。2月18日時点で、犀川ダム湖に約450羽、御宝田遊水池に約500羽見られます。水鳥は他にも信州各地の湖沼で見られ、犀川白鳥湖のページで紹介しております。

スペシャルオリンピックス(SO)開催!(2/26)

聖火集火式
聖火の集火式(松本市提供)

スペシャルオリンピックス(SO)冬季世界大会が2月26日の開会式で幕を明けました。SOは、オリンピック・身体障害者のパラリンピックと共に4年に一度開かれる知的障害者のオリンピックとして世界中で知られており、今回アジアで始めて開かれる大きなイベントです。84ヶ国/地域からの参加者約2600人が集っています。「競う」ことよりも、アスリートたちが体を動かして楽しみながら障害へのバリアを取り除くことを目的としており、オリンピックの原点により近いと言えるかも知れません。
信州では、会場となる北信や白馬地方を中心に、その他の地区でも、1市町村が1つの国のホストタウンとして参加者の半数近くをホームステイとして受け入れるなど、盛り上がりを見せています。3月5日まで開かれ、競技は無料で観戦できます。

←2004年秋へ 2005年春へ→
旬のトピックバックナンバーのトップへ