酒の博物館


酒の博物館外観
所在地 〒398-0001 長野県大町市大町温泉郷2811 地図
アクセス(車) 長野道安曇野IC(旧豊科IC)から国道19号を北上して「塔の原」交差点左折。ICから20分
アクセス(公共交通) 信濃大町駅からアルピコバス扇沢線で13分「大町温泉郷」下車 徒歩1分
長野駅東口からは、アルピコバス長野大町線(信濃大町駅経由扇沢方面)で1時間15分「大町温泉郷」下車 徒歩1分
開館時間 9時〜18時(冬期11/1〜4/24は〜17時)
休館日 無休
入場料 400円(小学生以下は大人同伴で無料)(HPに割引券あり)
Tel. 0261-22-1942
Web http://www2.plala.or.jp/sake-haku/


こだわり情報

「酒の博物館」は、大町温泉郷の入り口にあるユニークな博物館です。展示室の1室には、壁じゅうに、1500本もの全国の日本酒の一升瓶が展示されていて圧巻です。最後にある、ファンの多い地酒の大雪渓など地元の日本酒の試飲コーナーも人気ですが、「つまみの持ち込みは禁止」と書かれているのが笑えます。地酒や日本酒に関連する商品の販売コーナーもあります。
アルプスの伏流水と良質のお米でおいしい日本酒ができる安曇野のこの地に酒の博物館ができたのは1980年と古く、酒の製造過程の解説や、仕込み用の巨大な樽など、昔の酒造りの道具を展示している部屋も興味深いです。大町の酒の博物館は、日本酒好きな人はもちろん、そうでない人も楽しめる場所です。

近郊のおすすめスポット

隣に、カフェ&ギャラリー「てん」があり、無料の足湯に入れます。また、すぐ近くに日帰り入浴施設兼「アルプス温泉博物館」の薬師の湯があります。
大町温泉郷から20分ほど奥に入ると、黒部ダムや雪の壁ウォークで有名な立山黒部アルペンルートの長野県側の起点の「扇沢」があり、そこから日本三大雪渓の一つ針ノ木大雪渓にハイキングできます。
車で30分ほどの場所に、人気の地酒、大雪渓の酒蔵直売施設があります。

近くの宿

宿を検索中...
←前のスポットへ 次のスポットへ→
中信のトップへ