小川の庄おやき村

小川の庄おやき村
小川の庄おやき村の外観
(写真提供:小川村)
場所 小川村高府6937 地図
種類 展示・販売
営業日 月曜(祝日時は翌日)以外
営業時間 9〜17時
料金 縄文おやき160円など
Tel. 026-269-3767
Web http://www.ogawanosho.com/
アクセス(車) 上信越道長野ICから国道19号、白馬長野道路(オリンピック道路)経由45分
アクセス(公共交通) 長野駅から大町・高府行きバス45分「雲井橋」下車タクシー10分
逆に信濃大町駅から長野行きバス50分「雲井橋」下車タクシー10分


こだわり情報


長野市と大町市の間に位置する小川村は、信州の特産品の「おやき(お焼き)」の名所として知られています。「小川の庄おやき村」は、田園の中にある農家を改造して7人で始まったのが20年の間に観光名所となり、村おこし事業として脚光を浴びています。ここで作られる「縄文おやき」は、今や海外まで知られるようになりました。年何億円もの売り上げがあるそうです。小川村のおやきが美味しいのは、米作りに向かない気候だったため、昔からおやきやソバ等の粉食文化が発達したためです。

おやき村では、竪穴式住居の中で、囲炉裏いろり端で地元のおばあちゃんたちがおやきを焼くのを見せてもらい、打ち立ての蕎麦と共に食べられます。おやき作り体験もできます。また、「おやき村住民登録制度」があり、住民登録申請すると名前が「住民台帳」に登録され、おやきを安く買える「住民票」が郵送されます。

小川の庄おやき村で開かれるイベント

春祭り・夏祭り・収穫祭・秋祭りが開かれ、おやき作り・草餅つき大会などでにぎわいます。

おやきは、


リンゴのお焼き

信州の農家などで昔から作られてきた郷土色です。現在の一般的なおやきの作り方は、小麦粉を煉って具を入れてから蒸し、好みで少し焼く程度ですが、「縄文おやき」は昔ながらに囲炉裏端で焼くため、香ばしくて美味しいです。
おやきの中に入れる具には、ナス・キノコ・アンコ・炒めた野沢菜・切干大根・ピリ辛野菜などいろいろあります。特に、「縄文おやき」には、りんご・じゃがいもコーン・フキ味噌・チーズかぼちゃなど珍しい種類もあります。

近郊のおすすめスポット


さんさん市場

小川村は、おやき村を中心に、観光に力を入れている村で、いろいろな見どころがあります。


おやきの直売所や販売店は信州のここにもあります

近くの宿

宿を検索中...
←前のスポットへ 次のスポットへ→
北信のトップへ