くらすわ


1Fのショップの一部
場所 諏訪市 諏訪湖岸通り沿い 地図
種類 販売・レストラン
営業日 無休
営業時間 ショップ:9〜19時
レストラン:11〜14時・17〜22時
Tel. 0266-52-9630
Web http://www.clasuwa.jp/
アクセス(車) 中央道諏訪ICから国道20号経由で約15分
アクセス(公共交通) 上諏訪駅から徒歩約10分


こだわり情報


2Fのレストラン

くらすわCLASUWA」は、養命酒の会社が2010年に諏訪湖畔に建てた「食」に関する複合施設です。
1階は、養命酒らしく、健康素材やハーブを使った100種類ものオリジナル商品や、長野県内の選りすぐった飲食品を販売する「信州地産地集マーケット」で、「食のセレクトショップ」的なスポットです。
オリジナル商品には、養命酒を作るときに出る14種類の生薬の残渣ざんさを飼料化したものを与えて育てている信州十四ジューシー豚や、地元の老舗「丸蔵」の味噌をベースに、味噌汁1杯分で栄養ドリンク剤1本分の成分があるといわれる「滋養みそ」などがあります。養命酒のオリジナル商品は、くらすわと駒ヶ根工場でしか買えないそうです。


ウッドデッキの階段
中庭に出て、ウッドデッキの素晴らしいデザインの階段を上ると、2階は洒落た雰囲気のレストラン、3階には、諏訪湖を一望できて8月はサマーナイトファイヤーフェスティバルの花火を見ながらビールを飲める「展望ガーデン」もあります。なお、8/15の花火大会の日は特別料金10,000円〜ですが、受付30分で予約が埋まるそうです。

養命酒は

おなじみの、生薬が溶け込んだ滋養強壮効果のある薬酒ですが、信州が発祥の地です。養命酒製造株式会社は、今は本社は東京ですが、長野県内の駒ヶ根に工場と箕輪町に中央研究所があります。
駒ヶ根工場は、見学ができるほか、「養命酒健康の森」という名前で開放していて、散策コース・ショップ・カフェがあります。
養命酒やその後継商品の「ハーブの恵み」以外に、「ハーブビネガー」など、時代の流れに合わせてさまざまな新商品を開発・販売しています。

近郊のおすすめスポット

南すぐの所に、国の重要文化財の温泉施設、片倉館などのある上諏訪温泉があります。
また、この辺りは美術館の多いところで、湖岸通りを南に少し行くと原田泰治美術館、北に少し行くと北澤美術館があります。

近くの宿

宿を検索中...
←前のスポットへ 次のスポットへ→
南信のトップへ