いいづなアップルミュージアム(旧三水さみずアップルミュージアム)


アップルミュージアム外観
※写真はすべて飯綱町のご提供です。
場所 〒389-1204 飯綱町倉井5 地図
種類 展示・直売
営業日 月曜・祝日の翌日・年末年始 以外
営業時間 9時〜16時半
料金 300円(小中学生150円
Tel. 026-253-1071
Web http://www.town.iizuna.nagano.jp/14/111/124/203/1046/index.html(飯綱町公式サイト内)
アクセス(車) 上信越道信州中野IC・豊田飯山IC・信濃町ICから約15分
アクセス(公共交通) 牟礼むれ駅から徒歩約20分


こだわり情報


展示品「いのちのりんごの木」

三水さみず地区(2005年10月に合併して「飯綱町」になる前の三水村)は、信州の中でも、特にりんごに向く気候などから「高級りんごの里」として知られています。一面がりんご畑で、「日本一のりんご村」を自負しています。
斑尾高原の麓の小高い丘の上に建つ「いいづなアップルミュージアム」(旧三水アップルミュージアム)は、リンゴに関する展示や販売をする博物館で、リンゴ美術館・リンゴ図書館・リンゴ映画館まであり、リンゴ好きの人必見です。建物もりんごを4分の1に切ったようなデザインです。
展示品も、リンゴつながりのものは何でも集めていて、アップルコンピュータの初代マッキントッシュがあったりします。

8月下旬〜11月のリンゴの収穫期に「リンゴ体験ツアー」を行っており、人気があります。
クリスマスの時期にはリンゴの木にピンク色にイルミネーションが行われます。

アップルミュージアム周辺は「三水アップルランドの丘」と呼ばれ、ニュートンが万有引力の法則を発見するきっかけとなった品種のリンゴの「ニュートンりんご並木」や、平安時代に中国から伝来した日本最古の「和りんご」の品種である「高坂林檎」の木もあります。

アップルミュージアムの近くで開かれるイベント

新リンゴの旬の時期の11/23に、JAながのふじ祭が行われます。

近郊のおすすめスポット

ニュートンりんご並木を上っていくと、ペンションから始まって今は全国でドレッシングやお洒落なグッズなどを販売する「サンクゼール」の本店&ワイナリー&ジャム工場&レストランサンクゼールの丘があります。
南東に1kmほどの場所に、飯綱町三水農産物直売所「さんちゃん」があり、リンゴはもちろん、隣接する農産物加工所のアップルパイなど加工品も売っています。

近くの宿

宿を検索中...
←前のスポットへ 次のスポットへ→
北信のトップへ