概要

1999年〜2010年に政府が推進して行われた市町村の「平成の大合併」で、新しい市や町が次々と誕生しました。ですが、IMEで新市区町村名を変換するための辞書は、2004年6月時点で探した限りでは公開されていませんでした。そこで、弊社で作成したデータを公開することにいたしました。 新市区町村名は、各IME標準辞書などにある既存の市区町村名と同じ形式で登録してあります。(新しい自治体でも既に他県に同名の自治体が存在する場合は追加していません。)

動作環境

Microsoft IME 2000/2002(以下、MS-IME 2000/2002)、またはエー・アイ・ソフトWXG ver.4(以下、WXG)が動作している環境で利用可能です。
(ジャストシステムATOKシリーズ専用のデータは作成しておりませんが、ATOK 16で利用できることを確認しております。以下の「ATOKでの利用」をご覧ください。)

お使いのIMEがMS-IMEの場合、MS-IME 2000か2002かを確認してください。(Windows 2000, Windows Me, Office 2000にはMS-IME 2000が付属しています。Windows XP, Office XPにはMS-IME 2002が付属しています。)
言語バーに[キーボード]アイコンがあるか、タスクバーの右端のタスクトレイ(時計が表示されている部分)に、MS-IMEのアイコン(赤丸に筆)があり、そのアイコンをクリックしたときに[Microsoft IME 2000 (Japanese)]と表示されれば、MS-IME 2000で、[日本語 (MS-IME2002)]と表示されれば、MS-IME 2002です。
※Microsoft IME 2003、Microsoft Office IME 2007をお使いの場合は、マイクロソフト社が提供している最新語辞書をご利用ください。マイクロソフト社のダウンロードセンターで、"IME 最新語辞書" で検索し、ダウンロード、インストールできます。
※Microsoft Office IME 2010をお使いの場合は、特別な辞書は必要ありません。また、Microsoft Office XP、Office 2003、Office 2007、Office 2010の正規ユーザーはマイクロソフト社のダウンロードセンターでMicrosoft Office IME 2010をダウンロードできます。

書庫ファイルの内容(改訂版Ver.1.03)

  • Microsoft IME 2000用 新市町名辞書       ダウンロード

    Zip形式自己解凍書庫ファイルng00_103.exeには次のファイルが含まれています。

    README.TXT
    説明書
    NEWGEO00.DIC
    MS-IME 2000用 新市町名辞書
    MS-IME 2000のシステム辞書で、1999年以降に変更があった市区町村の名前を掲載しています。
    NEWGEO00.TXT
    MS-IME 2000用 新市町名辞書データ(MS-IME形式)
    上記辞書作成に使用したテキスト形式の辞書データです。

  • Microsoft IME 2002用 新市町名辞書       ダウンロード

    Zip形式自己解凍書庫ファイルng02_103.exeには次のファイルが含まれています。

    README.TXT
    説明書
    NEWGEO02.DIC
    MS-IME 2002用 新市町名辞書
    MS-IME 2002のシステム辞書で、2001年以降に変更があった市区町村の名前を掲載しています。
    NEWGEO02.TXT
    MS-IME 2002用 新市町名辞書データ(MS-IME形式)
    上記辞書作成に使用したテキスト形式の辞書データです。

  • エー・アイ・ソフトWXG用 新市町名辞書データ  ダウンロード

    Zip形式自己解凍書庫ファイルngwx_103.exeには次のファイルが含まれています。

    README.TXT
    説明書
    NEWGEOWX.TXT
    WXG用 新市町名辞書データ(WXG形式テキスト)
    テキスト形式の辞書データで、1999年(WXG Ver.4発売)以降に変更があった市区町村の名前を掲載しています。

インストール

Windows 2000, Windows XP以降でインストールする場合は、Administrator権限を持つユーザーとしてログインしている必要があります。
※以前のバージョンをインストールされた方は、「README.TXT」記載の方法に従って、旧バージョンをアンインストールした後、新バージョンを再度インストールしてください。

  1. 自己解凍書庫ファイル「ng00_103.exe/ng02_103.exe/ngwx_103.exe」をダウンロードし、ダウンロードの完了画面で[実行]ボタンをクリックするか、エクスプローラなどでダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
    ※拡張子「.exe」は、お使いの環境により表示されない場合がありますが、その場合は「ng00_103/ng02_103/ngwx_103」をダブルクリックしてください。
    [セキュリティの警告]が表示されたら、[はい]または[実行する]をクリックします。
  2. [解凍先フォルダの指定]には、MS-IME 2000/2002用では新市町名辞書をMS-IMEのシステム辞書フォルダに解凍するためにWindowsフォルダ(標準では "C:\WINDOWS\")が、WXG用ではダウンロードしたフォルダが表示されています。特に別のフォルダを指定したい場合を除き、このまま[解凍(X)]ボタンをクリックします。(MS-IME 2000/2002用ではアーカイブ内のファイルがWindowsフォルダの下のMS-IMEのシステム辞書フォルダに解凍されます。)
  3. 「README.TXT」の表示を実行するかどうかの問い合わせダイアログボックスが表示されます。
  4. IMEへの辞書の組み込み方法は「README.TXT」に書かれています。[OK]ボタンをクリックして、「README.TXT」をお読みになり、説明に従ってIMEに組み込んでください。

アンインストール

アンインストールについては、インストール時に表示される「README.TXT」をお読みください。

ATOKでの利用

ジャストシステムATOKシリーズ(一太郎シリーズ付属のものを含む)については、専用データは作成しておりませんが、辞書ユーティリティの一括処理機能を用いて、MSIME/WXG用のテキスト形式の辞書データを登録することで利用できます。詳しくは、ATOKのマニュアルを参考にしてください。
なお、登録時に40件ほど登録エラーになることがありますが、これは、ATOKがバージョンによってはMSIME/WXGほど細かく地名を分類しておらず、たとえば、郡名がそのまま市名になったような場合「すでに登録されている」ためで、まったく問題ありません。

本データ使用・再配布・改変の許諾条件

  1. 本データは、個人利用・法人利用に拘らず無料で自由に使用できます。著作権はエム ティ ラボ株式会社が有しています。著作権者の権利を侵害する行為は、堅くお断りします。
  2. 本データを再配布するときは、以下の各項に反しない限りにおいて、事前の了解なく自由に行うことができます。
    1. 再配布は、個人間において私的に行われる場合に限ります。
      本データをインターネット、パソコン通信、BBSへ転載することは、個人的理由、商業的理由を問わず、禁止します。(メールでの送受信は、インターネットへの転載とはみなしませんので、自由です。)書籍・雑誌付録などでの再配布は、著作権者の事前の了解なしに行うことを禁止します。
    2. 本データを配布するにあたって金銭の授受があってはなりません。ただし、メディア代・送料などの実費については、この限りではありません。
    3. オリジナルの圧縮ファイルのまま、再配布するようにしてください。
  3. 本データを改変して配布する場合は、以下の各項を遵守してください。
    1. 本データの改変および配布は、良心的なデータの改善と認められる場合に限ります。また、必ず事前に原著作権者の了解を得るものとします。
    2. オリジナルファイルの著作権表示を書き換えないでください。
    3. 改変した場合の配布条件は、上記再配布条件に準じるものとします。また、元のREADMEファイルは改変せずに必ず同梱して配布してください。

免責

著作者は、本データを使用することによって発生するいかなる直接的、間接的もしくは波及効果による損害、データ・プログラムその他お客様の財産に対する損害、使用利益および得ベかりし利益の喪失に対しても、一切責任を負わないものとし、本データの特定の目的への適合性も保証しません。また、著作者は、本データの誤謬・不正確さ等についても一切責任(バージョンアップ、バグ対応などの義務を含む)を負わないものとします。
また、弊社は本データについての一切のサポート業務を行いません。あしからずご了解ください。
マイクロソフト(株)、エー・アイ・ソフト(株)は、本データについて一切関知していません。本データについて、マイクロソフト(株)、エー・アイ・ソフト(株)への問い合わせは行わないでください。

更新情報

2010.10.21 改訂版Ver.1.03公開(前回以降決定した9市町名と、新しい政令指定市の7区を追加、合併協議会が休止・解散した2市名を削除しました。)
2005.10.18 改訂版Ver.1.02公開(前回以降決定した104市町村名を追加、合併協議会が休止・解散・縮小した28市町名を削除しました。)
2004.08.25 改訂版Ver.1.01公開(前回以降決定した25市町名を追加、合併協議会が休止・解散した7市町名を削除しました。)
2004.07.13 初公開

参考資料

(財)国土地理協会のホームページ

連絡先

著作者は、本データの改善に対してなんら義務を負いませんが、内容についてお気づきの点がありましたら、お知らせください。できる限り対処したいと思います。