起業直後のオフィスの一角

1992年4月

設立。埼玉県新座市の民家を借り、畳の部屋でスタート
旧ブラビスインターナショナル(株)より翻訳ソフトウェアの権利を排他的に取得



最初の製品『ブラビスJ/E 5』PC98
シリーズ用・5インチフロッピー版

1992年10月

日英翻訳ソフトウェア『ブラビスJ/E 5』(MS-DOSで稼働)発売

1994年3月

英日辞書『ブラビスDictum E/J』発売
他のソフトウェアを使っている途中に即座に使用できる電子英和辞典。ATOK、WXカナ漢字変換上で使用する。

1994年4月

英日翻訳ソフトウェア『ブラビスE/J』プロトタイプ(UNIXで稼働)開発
米国Trans Link社の受託開発

1994年10月

日英翻訳ソフトウェア『ブラビスJ/E 5 医学論文版』発売
日英翻訳のニーズが最も多い医学論文の翻訳専用ソフトウェア。ブラビスJ/Eに医学用語4万語と論文で使われる表現を追加した製品

1995年3月

日英翻訳ソフトウェア『ブラビスJ/E 5 Windows版』発売
MS-DOSの機能と品質を継承しながら、Windows版ソフトウェアとして、ユーザーインタフェースを一新。MS-Word上で直接翻訳することができる当時としては画期的な機能を装備

1995年12月

日英翻訳ツール『ブラビスJ/E SASUGA』発売
ブラビスJ/Eの高い翻訳品質を9800円の画期的低価格で提供。MS-Wordや一太郎を始めとする他社のワープロなどに翻訳機能を提供。Drag & Dropにより即座に翻訳を始めるなど、デスクトップツールとしてのユーザーインタフェースを装備

1996年4月

本社を埼玉県から東京都千代田区のオフィスビルに移転

1996年5月

英韓翻訳ツール『ブラビスE/K』プロトタイプ開発
韓国クロステック社の受託開発。基本辞書1万語で、非常に簡単な英文のみ翻訳可能

1996年6月

英中翻訳ツール『ブラビスE/C』プロトタイプ開発


『訳せ!!ゴマ』の最初のパッケージ

1997年2月

エー・アイ・ソフト社との共同開発により、『訳せ!!ゴマVer. 1』発売

1998年7月

本社を東京都千代田区から長野県松本市に移転。千代田区のオフィスは東京事務所として使用

2002年3月

自社開発の新方式の英日翻訳モジュールを製品化した『訳せ!!ゴマVer. 8』発売

2003年1月

マニュアル制作業務を開始

2003年3月

IT関連の翻訳業務を開始

2006年7月

観光HP・パンフなどの翻訳業務を開始
長野県内の自治体や観光協会の公式サイトやパンフレットの外国語版を、地元在住の外国人の視点で制作して好評を得る

2006年8月

サーバー用翻訳ソフトを、TRADOSで有名なSDL社の翻訳サイトが英日・日英翻訳機能として採用

2007年4月

本社を長野県松本市内で移転

2009年1月

医学関連の翻訳業務を開始

2011年11月

自動翻訳結果の無料採点サービス格安翻訳サービスを開始